パタヤのナイトライフ業界、3月末まで一時閉鎖が決定

ニュース

パタヤのナイトライフ業界に動きがあったようです。パタヤニュースがその事実を確認したと報道しています。

We can confirm that the Provincial Government of Banglamung and Chonburi have ordered, effective tomorrow, March 18th, 2020, that all entertainment venues must close until March 31st, 2020.

Pattaya to close all entertainment venues, such as bars, nightclubs and massage shops until the end of the month

2020年3月18日から3月31日まで娯楽施設を閉鎖するよう、バーンラムンとチョンブリーの地方政府が命令。

  

昨日、バンコクのバーや施設の閉鎖の記事をご紹介しました。それを受けてか、パタヤのナイトライフ業界も一時閉鎖されることが決定されてしまいました。

期間は2020年3月18日から3月31日までとのことです。

閉鎖される業種も記載されています。

This effects ALL bars, cinemas, sports venues, karaoke bars,  nightclubs, gogos, beer bars, massage parlors, Gentlemen clubs, etc. This is regardless of the size of the venue or bar.

Pattaya to close all entertainment venues, such as bars, nightclubs and massage shops until the end of the month

バー、映画館、運動施設、カラオケ、ナイトクラブ、ゴーゴーバー、バービア、マッサージパーラー、ジェントルマンズクラブなど。

バーや施設の大きさに関わらず実施される。レストランやショッピングモールはこの限りではない。

 

「夜のお店」は全滅です。バンコクのお店が一時閉鎖されたからパタヤに行こう、という人が押し寄せては意味がありませんからね。

苦渋の選択だとは思いますが、早めに手を打って正解でしょう。

前回の記事で田舎に帰る人が増えたことにより、ウイルスを拡散してしまう可能性があると問題視されていました。個人的にはこちらがどうなっていくのか気になるところです。

いずれにせよ、今は自粛期間だと考えて静かにしているしかありませんね。残念です。

 

ニュースの紹介が多くなってしまいましたが、引き続きパタヤのお店やホテルのレビューも行っていきますので、よろしくお願いします!

  

関連記事

タイ首相、バンコクのバーや娯楽施設などに3月末まで一時閉鎖の命令
先日ご紹介したタイのナイトライフ業界閉鎖に関する、新たな発表がありました。The Prime Minister of Thailand, Prayut...
タイ首相、ナイトライフ業界閉鎖の提案を拒否
コロナウイルスの蔓延を受け、タイ・ナイトライフ業界のニュースの動きについて動きがあったようです。その中でパタヤの産業についても記載がありましたのでご紹介します...

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました