JALビジネスクラス搭乗記!~機内(JAL SKY SUITE Ⅲ)編~

駄文・体験記

以前のタイ旅行でJALのビジネスクラスに乗ってきたのでレビューです!さすが、レガシーキャリアのビジネスクラスなだけあって、格が違う快適さでした!

いつもはLCCを利用するのですが、もう乗れなくなってしまうかと思うくらいサービスが違いました。しかし、当たり前ですが値段も大きく違いました・・・。

レガシーキャリアLCCの違いを比較するのに参考になれば幸いです!

ラウンジ編機内編に分けて投稿していきますので、是非ご覧ください!

 

今回は機内(JAL SKY SUITE Ⅲ)編です!

 

 

機内(シェルフラットシート)編はこちらから!

 

 

サクララウンジ編はこちらから!

 

  

スポンサーリンク

搭乗券

ビジネスクラスの搭乗券です。この搭乗券はスワンナプーム国際空港から羽田空港行きのものです。ビジネスクラスとはいえども、いたって普通の搭乗券です。

真ん中にはLOUNGE(ラウンジ)の文字が記載されており、サクララウンジが利用可能です。また、優先搭乗と書かれており、機内に優先的に入ることができます。

スポンサーリンク

搭乗口

羽田空港の搭乗口です。ビジネスクラス専用レーンがありますので、そこに並びましょう!

搭乗時刻が来るとすぐに案内が始まり、ノーストレスで機内に入っていくことができます。

いつもは右側に進んでいくことが多いと思いますが、今回は左側に進んで良いのです!ビジネスクラスと書かれた方向に進んでいくのは、なかなか気分が良いです!意気揚々と左側に進んで行きましょう! 

機内の様子

JAL SKY SUITE Ⅲ

 

なんじゃこりゃ!?

 

機内のレイアウトは1列-2列-1列の座席配列となっています。かなり余裕のある配置です。

入場してびっくりしたのは、シートの形状です!一体どうなっているのか、ぱっと見では全く分かりません。

自分の座る席に近づいてみました。すると、周辺がに囲まれた、半個室のようなシートが姿を現しました!こんな座席、見たことありませんよね!?

構造上、どのシートにも一方向からしかアクセスできないので、通路を間違えると座れません。要注意です!

一見不便なように思えますが、実はこの設計は超最高なのです!

 

なぜなら、全シートから通路に直接アクセス可能なので、他の人がトイレに行こうが、動線を譲るために席を立つ必要がないからです!

  

熟睡していても起こされることがないよ!

 

フライト中の様子です。この写真は手を上に伸ばして撮影しています。見てお分かりの通り、座っている状態では基本的に周りの人が目に入ってくることがない造りとなっています!

プライバシーが確保されており、非常に快適に過ごすことができますね!

シートの特徴

シートにはヘッドホンブランケットスリッパアメニティ食事メニューが置いてあります。

 

アメニティの中身はというと・・・

  • 黒の巾着袋
  • 歯ブラシのセット
  • 耳栓
  • アイマスク
  • モイスチャーマスク

これらが入っています。もちろん、持ち帰って大丈夫です!

 

さすがビジネスクラス、快適な空の旅のためのグッズを用意してくれています!フル装備をすれば完全に自分の世界に入ることができます。

シートの中央にはUSB端子コンセントが付いています。寝ながらスマホを充電するのに重宝しました。写真中央の黒い横長のものがコンセントです。

コンセントの上には小物入れがあります。あまり物は入りませんが、小さいペットボトルくらいであれば入れることができます。

その左側に見えるのが読書灯モニターのコントローラーです。テーブルモニターの隣にありますので、必要に応じて出しましょう。

シートに座ると、通路と反対側にシート調節コントローラーが取り付けられています。これを操作すると、シートをアレンジすることができます。好きな体勢が取れるポジションを探してみてください!

シートはフルフラットにすることができ、ものすごく快適に寝ることができます。飛行機に乗っていることを忘れてしまうくらい熟睡できました!

モニター

モニターはタッチパネル式です。サイズは17インチです。写真からも分かるこの迫力!かなり大きいです!

シェルフラットシート編でもご紹介した、マージャンゲーム「成層圏麻雀」があったのでプレイしてみました。もちろん、機内対戦が可能です!

乗ったのが深夜便だったため、写真を見てお分かりの通り既に消灯されており周りは真っ暗です。

もう寝ている人が多いのか、残念ながら誰もプレイしていませんでした・・・。

 

寝ぼけるな・・・続行だ・・・ケチな点棒拾う気なし・・・!

さすがに寝る・・・!

 

機内食 往路

メニュー

往路(羽田空港 – スワンナプーム国際空港)のメニューです。

飛行機の中に生まれた、世界でいちばん贅沢なレストランというのがコンセプトのようです。

ドリンクメニューです。シャンパンワイン日本酒カクテルウィスキーなど、ありすぎるくらい種類が豊富です!飲みすぎには注意しましょうね! 

食事メニューです。左側に軽食、右側に朝食のメニューが記載されています。さすがビジネスクラス、とても豪華な食事となっていますね。

アミューズ

深夜便でのフライトでしたが、アミューズを注文してみました。

シェルフラットシートのビジネスクラスに乗ったときはラウンジで食べ過ぎてしまったので、今回はその反省を活かしてお腹に余裕を持たせてきました!

左からニョッキローストビーフフレンチトーストです。グラスの中に入っている飲み物はペリエです。

おまけにあられももらいました。寝る前に小腹を満たすには十分な量でした。

朝食

早朝に提供された朝食です。今回は洋食を注文しました。二つ前の写真の右側下部にメニューの詳細があります。フレンチトーストソーセージをメインとした朝食です。

もう、見た目からしてめちゃめちゃ豪華ですよね!朝食が提供されたのが朝5時だったのですが、寝起きでいきなりこんなに豪華なメニューを食べたのは初めてでした!

  

朝一番で鴨肉なんか食べたことないぞ!

 

どれも美味しく、すぐに平らげてしまいました!

機内食 復路

メニュー

こちらは復路(スワンナプーム国際空港 – 羽田空港)のメニューです。食事のメニューだけ撮影しました。

軽食

軽食のマンゴータルトチーズです。ドリンクは行きと同じくペリエを注文しました。炭酸水を飲みながら優雅にスイーツを食す、

 

トレビアーーーーン!

 

日本に帰るフライトなのが残念ですが、気分は最高です!

昼食 前菜

お昼に提供された機内食です。行きと同様、洋食を選択しました。

前菜は鴨肉を中心とした料理でしたが、見たことのない物が出てきました。JALオリジナルのキウイドリンクと一緒にいただきます!

見たことがない料理でも、もちろん美味しいのがビジネスクラス。何でも安心して食べることができます!

昼食 メインディッシュ

メインディッシュには鶏モモ肉のグリルを選択しました。アッツアツのお肉が機内で食べられることに感激です!

味は普通の鶏肉でしたが、ジューシーで大満足のボリュームでした。

デザートはフルーツの盛り合わせでした。程よい甘さ酸味で食事を締めくくりました。

間食

これだけ食べたのに、まだ足りない・・・!ということで、間食を注文してみました。

メニューにはアイスクリームとだけ書かれていましたが、注文してみて出てきたのはハーゲンダッツ(バニラ)でした!素晴らしい!

いちいち高級な物が出てくる、これはビジネスクラスでは当然のことなのです。いちいち驚いていてはキリがないようです!

タイ到着時 プライオリティレーン

到着後はイミグレーションへ進むプライオリティレーンが使えます。

利用するためには、機内で配布されるプレミアムレーンチケットが必要になりますので、絶対になくさないよう注意しましょう!

メリット・デメリット

ビジネスクラス(特に半個室タイプ)を利用するメリットデメリットをご紹介します。

メリット
  • 全てにおいて快適!
  • 機内で他人と関わることがほぼない!(CAさんを除く)
デメリット
  • 値段が高い!
  • また乗りたくなってしまう!

メリットの部分を詳しく説明すると、チェックイン、荷物預け、保安検査、出国審査、ラウンジ利用、搭乗、機内、降機、入国審査、荷物受取・・・全てに優先サービスが付いています。 

特に半個室タイプの場合、機内で人の移動で自分が動いて動線を譲るということは起き得ません。これは圧倒的な快適さを生み出します。

お金を払って快適さを買うのがビジネスクラスの特徴といえるでしょう。

  

デメリット値段が高いことです。ただ、金額は大きいですが、タコヘーはビジネスクラス自体が高いとは思いません!

これだけ快適に過ごせて、最初から最後まで優先サービスが付いていれば価格が高くなるのは当然でしょう。値段に見合った価値は十分にあると思います!

そして、一度ビジネスクラスの味を覚えると、次から飛行機に乗る時に、あの快適さをもう一度!と思い出してしまいます。

こんなサービスがあるのを知ってしまったこと、これもある意味デメリットなのかも知れません。

 

では、ビジネスクラスに乗るのに果たしていくらかかるのでしょうか!? 

 

 

 

支払った料金の領収書をお見せします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何も言うまい・・・。

 

まとめ

JALビジネスクラス(JAL SKY SUITE Ⅲ)のご紹介でした!さすが、フルサービスキャリアのビジネスクラスとあって、その快適さは一級品だといって差し支えありません。

機会があれば是非一度は体験してみることをオススメします。決して後悔はしないことをお約束します!

 

ただ、普段は手が出る価格ではありませんので、特別な旅行をする際の選択肢として使うのが良いかもしれませんね!

飛行機の中から非現実感に包まれること間違いなしです!現地に着く前からパラダイスが始まるのです。今までの旅行よりも大きな満足感を得られることでしょう。

 

 

ただし、

 

その分、帰ってきたときの喪失感もでかいけどな!

まるで、これまでのことが夢だったかのように感じるんだぜ・・・。

ところがどっこい・・・夢じゃありません・・・! 現実です・・・! これが現実・・・!

 

ビジネスクラス、最高ー!! 

 

 

関連記事

 

 

  

 

コメント

  1. サル より:

    ビジネスクラスははなから除外してたから、値段知らなかったけど、そんなに高くないんだね。

    繁忙期のチケットが15万だったら、後、ちょっと。

    まあ繁忙期ならもっと高いだろうけどね。

    • タコヘータコヘー より:

      サルさん

      コメントいただきありがとうございます!
      いつもはLCCなので、通常の料金には詳しくないのですが、繁忙期だと15万円もするんですね!なかなか良い値段です…。
      それなら、時期は変わってしまいますが少し奮発すればビジネスクラスに乗れますねー。
      本当、快適すぎて忘れられなくなりますので、サルさんも機会があれば是非乗ってみてください!後悔はしないと思います!!

      また遊びに来てください!ありがとうございました!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました