パタヤ(タイ)にいるとよく聞く言葉10選!パタヤをさらに深く楽しめること間違いなし!(前編)

駄文・体験記

パタヤ(タイ)を歩いていると、必ず耳にする言葉があります。初めての場合、何と言っているのか聞き取れなかったり、どういう意味なのか分からず戸惑うことがあるでしょう。そんなあなたに、ここではパタヤ頻出の用語10選をご紹介します!予習していけばお役に立つこと間違いなし!

スポンサーリンク

パタヤでよく聞く言葉10選!(前編)

※タコヘーの主観が入りまくっていることをご了承ください。

レオカー

Welcome(ウェルカム)をかなり元気良く発した言葉。黄色い声で発せられることが大多数。マジで聞き取れなくて戸惑うが、慣れれば簡単。行く先々でこの言葉を連呼されるとだんだん心地良くなってくる。

よく聞くシチュエーション – バーのある通りを歩いている時

マッサー

マッサージを受けていかないか?との呼び込み。ハローと組み合わされ、「ハロー、マッサー!」と言われることも。上で紹介したレオカーとも相性が良い。私が良く行くマッサージ屋は呼び込みをしておらず、この声が聞けなくて非常に残念。

よく聞くシチュエーション – マッサージ屋の前を通った時

タクスイッ

パタヤ最頻出ワード。タクシーに乗っていかないか?あるいはタクシーは必要ないか?の意。オレンジ色のベストを着た人から投げかけられること多し。この1語に全てが詰まっており、非常に簡潔。シンプルイズベストのお手本。上級者は車のクラクションでこの言葉を発する。タクシーについては必要があれば乗り、必要なければ「マイ・アオ・クラップ(必要ありません)」で良い。

オレンジのベストを着ている人は、バイクタクシーの運転手である。ちなみに、オレンジベスト、マーケットで売っているのを見たことがある。

よく聞くシチュエーション – バイタクの前を通り過ぎる時、タクシーが通りがかった時

ピーンポーン、ハロー!ウェルカム!

お店に入ると機械が発する音と言葉。機械だが、なぜか温かみを感じる。日本でも銀行のATMコーナーに行けば「いらっしゃいませ」と機械が発するのを聞くことができるだろう。それと同様の文化であると推察される。これを聞くとパタヤに帰ってきた!という気分になる。帰国が迫っているときに聞くと切ない。

よく聞くシチュエーション – コンビニ入店時

アナター

タイ語で「ようこそ」・・・という意味ではなく、単純に日本語の「あなた」を発したもの。最初、本当に意味が分からず、それってどういう意味なの?と真剣に尋ねたら大笑いされた。「アナター!」は「あなた」よ!何言っているの?日本人でしょ?と。タイ語って本当に難しい。

よく聞くシチュエーション – バーのある通りを歩いている時、バー入店時

 

聞き覚えのある用語はありましたでしょうか?後編へ続きます!

10個思い浮かばなくて分けざるを得なかった・・・訳ではないですよ!
(あと5つ、頑張って考えねば・・・)

後編はこちらから!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました