パタヤにいるとよく聞く言葉10選!パタヤをさらに深く楽しめること間違いなし!(後編)

駄文・体験記

パタヤを歩いていると、必ず耳にする言葉があります。初めての場合、何と言っているのか聞き取れなかったり、どういう意味なのか分からず戸惑うことがあるでしょう。そんなあなたに、ここではパタヤ頻出の用語10選をご紹介します!予習していけばお役に立つこと間違いなし!

前編はこちらから!

スポンサーリンク

パタヤでよく聞く言葉10選!(後編)

※タコヘーの主観が入りまくっていることをご了承ください。 

ウェアユーゴー

通常は「どこに行くの?」だが、呼び込みのオネーチャンに腕を引っ張られてこの言葉を言われると「歩くのをやめて寄っていけよ」の意味に変化する。そしてそのまま店内に吸い込まれてしまう可能性が高い。なお、正直に行き先を答えても首を横に振られ、聞き入れられることはない。

文法的には本来「Where do you go?」もしくは「Where are you going?」が正解なのだろうが、「Where you go?」と聞かれることが非常に多い。ここでは英文法への過度なこだわりは不要なのである。

よく聞くシチュエーション – バーのある通りを歩いている時

ミルダケ、タダ

本当に言われることがあるからびっくりする。その言葉の通り、見るだけは無料という意味。あの手この手で興味を引く商魂たくましさが感じられる。その後、鬼のセールスが待ち受けているが、そこから先どういう運命を歩むのかは自分次第。「シャチョ、ミルダケ、タダ!」の場合もある。どういうわけか、ここでは誰もが社長になれるのだ。

よく聞くシチュエーション – マーケットを歩いている時

ノー、もしくはア・リトル

料理に対して「Is this spicy?」と聞いたときに返ってくる答え。そうか、良かったと安心して注文し、いざ料理が運ばれてきてワクワクしながら食べると大抵、普通に辛くて泣きを見る。痛みを感じることすらある。食文化の違いを嫌でも感じさせられる言葉。日本の「行けたら行く」と同程度の信頼度と考えて良い。

よく聞くシチュエーション – 料理を注文する時

ニーハオ

中国語で「こんにちは」だが、我々にこの言葉が投げかけられた場合、意味合いが若干異なる。この言葉を投げかけてきた相手は呼び込みをしたいものの、こちらの人種が絞れていないという問題に直面している。とりあえず母数の多い中国人向け挨拶をしておけば引っかかるだろう、という魂胆が垣間見えるが、残念、ハズレです!(笑)

・・・もしくは単純に中国人に見えたかのどちらかなのだろう。

※挨拶してもらっていることに変わりはないので、笑顔で返事をしましょう。

よく聞くシチュエーション – バーのある通りを歩いている時 

ヒョーウ!ヒョウーゥ!

バルログ・・・ではなく、オニカッコウという鳥が発する鳴き声。タイ語でノックカーワオというらしい。タイ人には「カーワオ」と聞こえるとか。私にはどうしても「ヒョーウ!ヒョウーウ!」としか聞こえない。最初、タイに来たときに一番異国情緒を感じた鳴き声。朝になれば大体どこでも聞くことができる。今はこれを聞くと心が安らぐ。ちなみに、「バルログ」はスト2日本版以外では「ベガ」に名称が変更され、「バイソン」が「バルログ」になっている。

よく聞くシチュエーション – 朝方、外にいれば大体どこでも 

スポンサーリンク

まとめ

 

ただのタイあるあるやないかい!!

 

・・・少しでも共感していただけると嬉しいです!言葉が完全に通じなくても、何が言いたいのか通じ合える。これぞまさにコミュニケーションの醍醐味ですね!

 

パタヤ、最高ー!!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました