Songthaew(ソンテウ)でパタヤの街を自由に移動しよう!乗り方、価格は?どこまでいける?

駄文・体験記

パタヤに着いたら、街を移動する手段として「ソンテウ」を利用してみましょう!ソンテウに乗るとパタヤの街中を簡単に移動することができます。パタヤで遊ぶときには必須の乗り物です!

スポンサーリンク

ソンテウとは?

ソンテウとは、タイの乗り合いタクシーです。青いボディが特徴です。 街中のいたるところで走っているのを見かけるでしょう。

このソンテウ、誰でも自由に乗り降りすることができます。

スポンサーリンク

ソンテウを止めよう!

ソンテウが通りがかったら、手を横に出すと止まってくれます。タイでは相手の頭より高く手を上げるのは失礼となりますので、真横に上げるよう注意しましょう。

タイミングが合わなかったり、人数が多かったりすると止まってくれない事もありますが、その時は次のソンテウが通りがかるのを待ちましょう。何台も来ますので安心してください。

時々、通りがかったソンテウに「ピッ」とクラクションを鳴らされることがありますが、「乗っていくか?」という意味です。乗る際は同様に手を横に上げると止まってくれます。

乗り込もう!

ソンテウが止まったら、そのまま後ろから乗ってしまいましょう。運転手に行き先を告げる必要はありません。

椅子に座るも、後部のスペースに立つも自由です。当然、シートベルトはありませんので慣れていない場合は椅子の奥側に座ることをオススメします。

立ち席はパタヤの風を感じられて心地良いですが、急発進、急停車の時に非常に危険なのでくれぐれも気をつけて利用するようにしてください!

ソンテウを止めて降りよう!

ソンテウ内の天井にはボタンが付いており、降りたい場所に近づいたら押しましょう。音が鳴ります。その音を確認すると運転手が車を側道に寄せ、止まってくれます。

画像では右側の女性がまさにボタンを押しているところですね。ボタンは複数あるので、どこを押しても構いません。

降りた後は助手席の前に行くと窓が開きます。乗車料金の10バーツを渡しましょう!お釣りはもらえますが、大きいお金を出すと嫌がられます。あらかじめ用意しておきましょう。

ちなみに、ボタンを押した時の音はソンテウによって異なります。よく聞いて違いを感じてみるとよりいっそう楽しめますよ!

どこまで行けるのか?

パタヤ中心地でのソンテウの進行ルートは以下の通りです。

© OpenStreetMap contributors

ビーチロードは北から南へ、セカンドロードは南から北へそれぞれ一方通行となっています(黒線矢印)。

基本的には赤い線のルートをグルグル回るソンテウが大半(厳密には色々なルートを回るソンテウが混在し、結果的にこのルートを回っている)で、この区間であればどこまででも乗れます。

しかし、あまりに長く乗っていると「いつまで乗っているんだ?」と聞かれることがありますので、目的地に着いたら速やかに降りると良いでしょう。

また、時々お客さん全員を降ろす場合があります。その時は指示に従って降り、残念ですが次のソンテウを探しましょう。

①、②はお客さん待ちの始発ソンテウが待機しているエリアです。ここの近くにいる場合、待機しているソンテウに乗ることができます。お客さんが集まると自然と発車します。

※スマホのマップアプリを開くなどして、自身がどこにいるのかその都度確認するのをオススメします。

チャーターもできる!

このソンテウ、チャーターして好きな場所へ行ってもらうこともできます。その際の料金は運転手との交渉となります。

まとめ

ソンテウに乗らないとパタヤでの遊びは始まらないといっても過言ではありません。ソンテウの乗り方をマスターして快適なパタヤ旅行をお過ごしください!!

噂によると、ソンテウの乗り方を知らずに端から端まで全て歩いて行った奴がいるらしいですよ?誰だろうな?

 

 

俺だよ!半端じゃなく疲れたわ!

 

初のパタヤはよく分からない所に捨てられてからウォーキングストリートまで歩いて、そしてバスターミナルに歩いて行くという経験をしました。苦行です。こんなことにならないように、ソンテウを乗りこなしちゃいましょう!

パタヤ、最高ー!!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました