タイ・ライオンエア、日本・中国路線を3月16日から一時運休

ニュース

タイを拠点とするLCC「タイ・ライオンエア」の日本・中国路線が3月16日から運休となっているようです。3月15日に公式発表されています。先日、タイ・エアアジアXの運休が発表されましたが、それに続いての運休です。

15 March 2020 – As a review with recent Covid-19 outbreak situation, below is Thai Lion Air will be temporarily suspending its services between Bangkok (Don Mueang) to China and Japan (Tokyo, Osaka, Nagoya, Fukuoka) from 16 March 2020 to 31 March 2020.

Thai Lion Air temporarily suspends flights From Bangkok(Don Mueang) to China and Japan

対象となる路線は、東京(成田)、大阪(関西)、名古屋(中部)、福岡~バンコクドンムアン路線。中国路線も運休となっています。期間は2020年3月16日から2020年3月31日まで。

 

搭乗予定の便が運休となった場合、いずれかの手続きを取ることが可能なようです。

返金

便の変更(2020年9月30日まで)

航空券有効期間の延長(90日間)

  

同社のTwitter日本語公式アカウントでも同様のお知らせが出ています。添付されているファイルに払戻、変更の手続きについての案内がありますので、参考にしてください。

 

LCCの運休が相次いでいます。先日に引き続き、非常に残念なお知らせですね。薄利多売をビジネスモデルにしているLCCには間違いなく痛手です。そんな中、欠航を選択できるのはやはり英断だと思います。

タイ・ライオンエアの運休日程はタイ・エアアジアXと比べて短いです。場合によっては再度延期する可能性がないとはいえないのでしょうが、早く安心して飛行機に乗れる状況になって欲しいものですね。

 

タイライオンエアはLCCの中では他とは違ったサービスを提供しており、なかなか乗り心地が良く個人的には好きな航空会社です。タイ・ライオンエアの飛行機搭乗レビューは近日中にアップする予定です。

 

関連記事

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました