タイ、入国規制強化へ。健康証明書、保険証書の提示を必須化

ニュース

バンコク、パタヤの歓楽街が閉鎖になって数日経ちましたが、今度はタイへの入国規制が強化されることとなりました。

2020年3月19日夜にタイ民間航空局(CAAT)がガイドラインを発表しています。このガイドラインは航空会社へ向けたものではあるものの、タイ渡航者にも直接関係する内容となっています。

タイ行きの航空機に乗る場合は、以下の2点の書類提示が必須化されます。

Require the presentation of;
(1) Health certificate certifying that the passengers “pose no risk of being infected by the Coronavirus Disease (COVID-19)”, issued no more than 72 hours prior to the date of travel.
(2) Health insurance/health insurance policy that shows minimum medical coverage of 100,000 USD in Thailand and covers the Covid-19 Disease.
Note: If the passenger is unable to present the required above documents, the air operator shall not issue a boarding pass and the boarding shall be denied.

https://www.caat.or.th/wp-content/uploads/2020/03/Summary-of-Practical-Guidelines-for-Air-Operators-19Mar20-3.pdf

・「新型コロナウィルス(COVID-19)に感染している恐れのない」ことを証明する英語の健康証明書(出発日の72時間以内に発行されたもの)

・新型コロナウイルス疾患の医療費に、最低10万米ドル相当額の補償がある健康保険への加入(保険証書)

※乗客がこれらの書類を提示できない場合、航空会社は搭乗券を発行してはならず、搭乗は拒否される。

これはタイ国籍の方を除く、タイへ入国する渡航者(出発地や居住地を問わない)全てが対象となっています。この措置は、2020年3月22日午前0時(タイ時間)より施行されるとのことです。

 

日本国内でコロナウイルスの検査が可能な医療機関は非常に少ないです。日本医師会の発表によれば、ウイルス検査が拒否されるケースすらあるとのことです。

つまり、日本国内で健康証明書を入手するのは非常に難しいといえます。しかも、英語のものを発行してもらわないとなりませんので、さらにハードルが高くなっています。

保険は掛け捨ての海外旅行保険が新型コロナウイルス感染への対応を始めておりますので、そちらでカバーできる可能性が高いでしょう。

やはり、問題なのは健康証明書の入手ですね。これらを踏まえると日本からタイへの入国はほぼ不可能と考えたほうが良いでしょう。事実上の入国制限ですね。

とはいえ、施行されるのはこれからですので実態がどうなるのかは現時点では分かりません。引き続き情報収集していきたいと思います。

 

ゴールデンウィークで「パタヤに帰ろう」と思っていたのですが、どうなってしまうのでしょうか・・・。本当に大変な世の中になってしまったものです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました