ヤワラート(チャイナタウン)のご紹介!オススメのお店や春節の風景も!

観光スポット

バンコクの「ヤワラート(チャイナタウン)」をご紹介します!レストラン屋台ホテル土産物屋などが並んでいる観光スポットです!

タコヘーは初めてのタイ旅行でヤワラートに行きましたが、着いた瞬間、

 

おお!海外に来た!

 

と実感できました。タイに来たら一度は行っておいて損はない場所ですよ!

スポンサーリンク

場所・行き方

MRT「Wat Mangkon(ワット マンコン)駅」から約400m、所要時間5分程度です。

以前はHua Lamphong(フア ランポーン駅)から徒歩トゥクトゥクで行くのが主でした。今はMRTが延伸し、非常に便利になりました!

スポンサーリンク

入口から歩いてみた!

今回はヤワラートの入口からの風景をご紹介していきます!

ヤワラートの入口には牌楼ぱいろう(中華街門)があります。オディエンサークルと呼ばれる環状交差点の中央に立っています。この門は1999年にプミポン国王を記念して建築されたものです。

場所はこちらです。

 

さて、道を進んで行きましょう!北上して行きます。この辺りは閑散としており、本当に中華街があるのか?と疑問に思えてくるレベルです。

道中にはクアンイム神社(天華醫院)があります。ティンファー財団という団体が運営しています。神社だけでなく、医療施設が併設されているそうです。

少し歩くと、それらしい場所に差し掛かりました!「中國という文字が書かれた看板が多いです!さすが中華街ですね!

この雑多とした看板だらけの風景、まさに中華街のイメージにピッタリです!この風景を初めて見た時、「ここは外国なんだな」と強く感じたのを覚えています。

タイらしい風景かといわれればそうではないかもしれませんが、日本にはない光景で、なかなか強烈です!

ホテルレストランお店の看板がこれでもか!というくらい主張していて、どこを見ればよいのか分からなくなってしまいますね。

屋台の光景です。本当に大勢の人々が集まっています。国籍も様々で、タイには世界各国から観光客が集まっているのを実感できます!

赤バスと呼ばれるノンエアコンバスが走っていますが、ヤワラートに非常にマッチしていて、個人的にはかなり好きな光景です!

金行という看板が見えますが、この金行とはその名前の通り「金(GOLD)」を売買するお店です。写真に写っている和成興大金行はヤワラートでは特に有名な金行で、いつも大賑わいです!

せっかくタイに来たし、たまには金を買ってみようかな?と思うのですが・・・

 

値段が高い!いつも目玉が飛び出てしまって買えないよ!!

 

ということで、何度もタイに行っているのですが、を買ったことはないのでした・・・。

場所はこの辺りです。

明るい時間のヤワラート

明るい時間のヤワラートも夜ほどではありませんが、それなりに活気があります!

夜と変わらないくらい交通量は多いです。

人通りもそれなりにあります。屋台には既に人だかりができていて、これからの盛り上がりを表しているように見えますね!

初めて行く場合は夕方から向かい、観光しながら暗くなるのを待つのも良いでしょう!

屋台で食べてみた!

屋台に座ってタイ料理を食べてみました。周りの人が食べていて美味しそうだったので、何か分からないまま注文しました。

この料理、何だか分かりますか?卵焼き?オムレツ?オムライス?

正解は、パッタイホーカイ(ผัดไทยห่อไข่)でした!見てお分かりのとおり、パッタイを卵で包んだタイ料理です!

パッタイの味に卵のまろやかさが加わり、非常に美味しくなっています!

この通りの屋台で食べました!値段は忘れてしまいましたが、40~50バーツ140~175円)程度だったと思います。

レストランで食べてみた!

タコヘーがヤワラートに来るとよく行くレストランをご紹介します!Hua Seng Hong(フア セン ホン)という名前のお店です。

コックの絵が印象的なお店です。もちろん、中華料理のお店です!

タコヘーがよく注文するメニューです。左はゴイシーミー(โกยซี่หมี)という名前の、チキン、タケノコ、シイタケが入ったあんかけ焼きそば、右はフカヒレスープです!シンハービールと一緒にどうぞ!

値段はSサイズで110バーツ約385円)でした!

フカヒレスープはちゃんとフカヒレの姿があります!これはなかなか日本では食べられません!これで値段なんと400バーツ約1,400円)です!安い!!

味のほうは・・・

 

えっ?フカヒレ自体には味が無・・・

あとは現地でのお楽しみ!

 

こちらはサンラータンです。値段は550バーツ約1,925円)でした。美味しかったのですが、とにかく辛い!

他の食べ物の味が分からなくなってきたので、一緒に行った友人にほとんど食べてもらうことに・・・。

 

他にも、色々な中華料理が楽しめますので、現地に来た際は是非、足を運んでみてください!

 

住所 : 371, 373 Yaowarat Rd, Samphanthawong, Bangkok 10100 Thailand

営業時間 : 9:00~1:00

春節(旧正月)のヤワラート

2020年の春節(旧正月)のヤワラートです!

この時はワットマンコン駅から歩いて行きました。これまでよりも所要時間が物凄く短くなっていて、感激したのを覚えています!あまりにも便利すぎました!

そうなると、フアランポーン駅にいるトゥクトゥクのおじちゃん達は商売あがったりだろうな・・・。

春節のヤワラートの様子です!

いつものヤワラートと大きく異なる点があるのが分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです!歩行者天国となっているのです!いつもは車が走っている道路を歩き放題です・・・が、物凄い数の人・人・人!正直、人が多すぎていつもよりも歩きにくいです! 

いつもは出ていない屋台が出ています。メニューはタイ語表記だったので、近づいてみないと何が売られているか分かりませんでした。

通りには大弾幕が張られ、祭りの様相を呈しています!この場にいるだけでテンションが上がってきます! 

中央付近ではイベントが開催されていました!ただでさえ人が多い中で、さらに人だかりができています。食い入るように見ている方が多かったです。

 

タイの芸能人でも来ていたのかな?全然分からなかったけどね!

 

春節の時は赤いものを身に付けたり、赤い服を着て過ごすという風習があるそうです。この時のヤワラートはそこら中に赤いものを売るお店が出ています!買って着れば、さらに春節を楽しめること間違いなしです!

まとめ

バンコクのヤワラート(チャイナタウン)のご紹介でした!屋台レストラン土産物ホテルなど様々なものがあり、歩いているだけでも楽しめる街並みになっています!タイにきたら一度は行っておきたいスポットですね!

見ていただいた通り、多くの人々でごった返すヤワラートですが、それでも裏路地を歩く時は注意してください!

以前、よく分からないまま裏路地を散歩していたら物陰から急に、

 

ガサガサガサガサ!!

 

という音が聞こえてきて、マジでビビリました。

 

 

そこから現れたのはネズミ。そばにはネコもいました。一歩裏路地に入ると、そこでは大運動会が繰り広げられています。

そこがまた、タイの良いところなのですけどね!

  

バンコクも最高ー!!

 

 

基本情報

住所 : Chakkrawat, Samphanthawong

ピーク時間帯 : 18:00~22:00

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました