タイ(パタヤ)旅行へ持って行くと便利なものリスト!絶対に持っていくべきものは6点!

駄文・体験記

初めてのタイ(パタヤ)旅行!でも、何を持っていけばいいんだろう・・・そんなあなたのために、今回はタイに行く時に持っていくと良いものをご紹介します。是非、ご参考にしてください!

※男性視点でのご紹介となることをご了承ください。

スポンサーリンク

持ち物リスト1「必需品」

パスポート

残存期間に注意しましょう。タイ入国の際は残存期間が6ヶ月以上あるパスポートを持っていないと入国できない可能性があります。

タイ入国後30日(29泊30日)以内の観光目的の滞在の場合(往復の航空券又は他国へ出国する航空券等を所持している事が条件)、日本国籍であればビザなしで入国することができますが、国際規定によりパスポートの残存期間は6ヶ月以上と定められています。

基礎知識 | 【公式】タイ国政府観光庁

パスポートは絶対に忘れないように注意してください!これだけは替えがききません。

航空券

受付カウンターの場所がどこなのか、事前に確認しておきましょう!

現金

現地でタイバーツに両替しましょう!

クレジットカード

買い物、キャッシングなどに利用します。ホテルによってはデポジットの代わりに番号を控えることもあります。万が一、現金の盗難にあった際でもクレジットカードがあれば何とかなります。必ず持っていくようにしてください

ブランドはVISAMASTERのどちらかがあると無難ですが、タイではJCBも問題なく使うことができました。私は楽天プレミアムカード(VISA)JCB CARD Wを使っています。特に楽天プレミアムカードは海外旅行者にはすごく役に立つこと間違いなしです!

楽天プレミアムカード世界各国1,300か所以上のラウンジが利用できる、「プライオリティ・パス」が無料で発行でき重宝しています。国際線に搭乗する場合、念のために空港に早く行くことが多いと思いますが、ラウンジを利用できると快適さが段違いです!

楽天が発行するゴールドカード相当のカード。20歳以上、年会費10,000円+消費税で発行可能。

  • プライオリティ・パスが発行無料!
    プレステージ会員(年会費429ドル)と同じサービスが受けられる!空港ラウンジが何度でも利用可能!
  • 海外、国内の旅行保険が自動付帯!万が一の時でも安心!
  • 楽天グループ利用で楽天ポイントが5倍!

海外旅行に行くなら必ず持っておきたい1枚!

楽天ポイント最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン実施中!

楽天プレミアムカードの公式サイトを見る

スマホ(SIMフリー、SIMロック解除済のもの)

いつも使っているスマホを持っていきましょう。日本にいる間にSIMロック解除をしておくと便利です。解除の仕方はご利用されているキャリアのサイトをご覧ください。

関連記事

SIMカード or ポケットWi-Fi

SIMカードはあらかじめ日本で購入していくとスムーズに利用できます。

海外WiFiレンタルを利用するなら「イモトのWiFi」「グローバルWiFi」がオススメです!

SIMカードポケットWi-Fiは、どちらかがあれば大丈夫です。

 

以上です。極端な話、これら6点があればそのままタイに行って問題ありません。

スポンサーリンク

持ち物リスト2「あると無難なもの」

海外旅行保険

現地で急病となった際の備えとして加入しておくと良いでしょう。クレジットカードに海外旅行保険が付帯される場合がありますので、ご自身が保有しているものがどうなっているか良く見た上で検討してください。

私は当初はt@bihoに加入していましたが、今はクレカの保険があるので加入はしていません。

常用の薬がある場合は持っていきましょう。

変圧器

変換プラグは必要ありません。コンセントには普通に刺さります。しかし、物によっては変圧器が必要な場合があります。タイの電圧は220Vと日本の規格と異なります。電気機器を持ち込む際は対応電圧をよく確認してください。

ドライヤーヘアアイロンは要注意です!基本的にドライヤーはホテルに備え付けられていますので、よほど必要でなければわざわざ持ち込まなくても良いでしょう。

スマホは100V-240Vなどの記載があれば問題なく充電できます。私はiPhoneを使っていますが、充電ケーブルはコンセントにそのまま刺さりますし、利用して壊れたこともありません。ですので、私は変圧器を持っていくことはありません。

持ち物リスト3「衣類」

下着

必要な枚数持って行きましょう。

半袖シャツ、短パン

タイは年間通して暑い日が続きます。半袖、短パンで快適に過ごしましょう。寺院を訪れる際は過度な露出は禁止なので、長ズボン必須ですが、現地で調達可能です。

水着

に入る予定の方は持って行きましょう。

スニーカー

タイは道が日本ほど整備されていませんので、スニーカーを履いて出歩いたほうが無難です。

 

関連記事

持ち物リスト4「身だしなみ」

歯ブラシ、歯磨き粉

自分のものを現地でも使いたい方は持っていくと良いでしょう。

ヘアワックス

同上。

コンタクト

常用している方は忘れないようにしましょう!

サングラス

現地は日差しが強く眩しいので、あると重宝します。

日焼け止め

タイは日差しが強く、日に焼けること必至です。日焼けしたくない方は持って行くと良いでしょう。

折りたたみ傘

時期によっては突然、大雨が降ることがあります。傘を持ち歩いていると心配ありません。 

持ち物リスト5「飛行機内」

折りたためるダウンジャケット

私はLCCを利用することが多いのですが、機内はすごく冷えます。ユニクロのウルトラライトダウンジャケットをひざ掛けにし、現地に到着したらコンパクトにたたんでバッグに入れています。すごく便利でオススメです!

ボールペン

出入国カードを書くのに必須です。必ず持って行きましょう!もし忘れた場合、カードを空港に到着してから書くことになるので時間が非常にもったいないです。

長ズボン(短パン+タイツ)

お好きな服装で良いですが、タイで行動する格好で飛行機に乗ってしまうと寒くて風邪を引いてしまう可能性があるので、要注意です。

ネックピロー

これはあったほうが良いです!機内の快適さが大きく変わります。私は低反発で丸められるタイプのものを持っていっています。

アイマスク、マスク、耳栓、紙スリッパ、酔い止め

必要に応じて準備しましょう。これらがあると機内で快適に寝られますので、私的には必須です。

現地調達可能なもの

色々あげましたが、荷物を減らしたい方のために現地調達可能なものを合わせてご紹介します。

Tシャツ、サンダル、水着

マーケットで100バーツ程度で購入できます。

タイではいたるところに薬局があり、風邪薬酔い止めなどは現地で簡単に手に入ります。コンビにでも購入できます。

その他、コンビニで購入可能なもの

シャンプー、ボディソープ、歯ブラシ、歯磨き粉、ヒゲソリ、マスク、洗顔料、ヘアワックス、生理用品、メイク落とし、乳液、虫除けスプレーなど。

万が一、何か忘れてきたとしても大半のものはコンビニで購入可能です。

まとめ

今回はタイ(パタヤ)旅行に必要なものをご紹介しました!ここで挙げた必需品以外は皆様の必要に応じて取捨選択してください。

実際は、タイ現地でほとんどのものが調達可能です。イメージと違うかもしれませんが、タイでは日本でも見慣れた日用品コンビニでほぼ揃います。衣類マーケットで安く購入できます。気軽に荷造りしていって問題ありません!準備に気合いを入れすぎて疲れないようにしましょう。

それよりも、荷造りは早めに終わらせて、現地でやりたいことや現地の情報収集の時間に充てたほうが有意義です!

ちなみに私は上で書いた持ち物リストに加えて、ホテルのジムで使う用のトレーニングシューズドライ素材のTシャツとパンツを持っていっています。ご参考までに!

 

パタヤが楽しみすぎて、荷造りは1週間前には終わってる!!

 

パタヤ、最高ー!!

 

関連記事

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました