ワット・ポー(涅槃仏)のご紹介!バンコクに来たら絶対外せない定番の観光スポット!服装・拝観料は?

観光スポット

今回はバンコクの観光スポットの紹介記事です。タイといえば寺院!バンコクの定番観光スポットの1つ「ワット・ポー」をご紹介します。大迫力の黄金涅槃仏はまさにタイの象徴!ここに行かなければタイ観光は始まらないといっても過言ではありません。必見です!

スポンサーリンク

場所

MRT「Sanam Chai(サナーム チャイ)駅」から約500m、徒歩5分程度で到着できます。2019年9月にMRTが延伸するまでは「Hua Lampong(フア ランポーン)駅」からタクシー・トゥクトゥクで行くか、BTS「Saphan Taksin(サパーン タクシン)駅」から水上バスで行くのが主なルートでした。今は駅から歩いてすぐに行けるようになり、非常に便利になりました!

スポンサーリンク

ワット・ポーに行く前に!

ワット・ポーって何だろう?

 ラーマ3世によって造立された涅槃仏は、全長46m、高さ15m。その大きさもさることながら、特に興味深いのが仏像の足の裏です。足の裏には仏教の世界観を現した108の図が、美しい螺鈿(らでん)細工(貝殻を研磨して模様にはめ込んでいく装飾方法)によって描かれています。

ワット・ポー(ねはん寺) | 【公式】タイ国政府観光庁

とのことです。ご参考にしてください。

注意点

ワット・ポーは寺院であるため、服装によっては入場を断られることがあります。注意してください。例えば以下のような服装は好ましくないとされています。

・タンクトップ、短パン、ダメージジーンズ
・帽子、サングラス、サンダル
・キャミソール、ホットパンツ、ミニスカート、他、身体のラインが分かる服装
これらの服装は避けましょう。郷に入れば郷に従えの精神を持ち、それを守ってこそ紳士淑女の観光客となれるのです。

入口に到着!

すごく綺麗な建物です!さすが、タイを代表する寺院ですね。その外観だけでも着いた瞬間にワクワクすること間違いなしです!

敷地内には思わず見とれてしまうほど綺麗な仏塔があります。これだけでも満足してしまいそうですが、メインの涅槃仏を見るため、進んでいきましょう。

涅槃仏殿に到着!

拝観料200バーツを支払い、涅槃仏殿エリアに入場します。チケットには水の引換券が付いており、園内で水をもらうことができます。タイは非常に暑いので、早めにもらって水分補給しておきましょう。熱中症には要注意です。

涅槃仏見たさの長蛇の列ができていました。いよいよ入場です。入場時は靴を脱ぐことを忘れずに!

涅槃仏とご対面!

入った瞬間にものすごい大きさの仏像が見えました。

凄まじい迫力です!大きすぎて全体を写すことができません。

とにかく大きいです。こんな大きな仏像を近くで見る機会はなかなかありません。しかも相当に光っています。異国感が満載です。

足の裏には螺鈿加工がされていて、すごく綺麗でした。実物は現地に行って確かめてみてくださいね!

(写真に友人がバッチリ写っていて載せられないなんて言えない・・・)

108の鉢

涅槃仏殿内には108の鉢が並んでいます。108という数字、ピンと来る方も多いと思いますが「煩悩の数」です。ここでは108の鉢にコインを投げ入れることで煩悩を捨てていくことができるのです!煩悩だらけの私には朗報でした。これは絶対にやらねば!

というわけで、20バーツをカップに入った108枚のサタン硬貨と引き換えて、道を進んでいきます。

コインを1枚1枚、鉢に入れていくことで煩悩を捨てていきます。チャリン、チャリンという音が響きます。無心でコインを入れていくと、段々その音が心地良く感じてくるようになってきます。とても集中でき、煩悩がなくなっていく気がします。

日本ではなかなか捨てられない煩悩を、果たしてここタイの地で捨てることはできたのでしょうか・・・?

 

 

 

 

 

おかしいな、途中でコインがなくなっちゃったよ・・・。

 

残念ながら、今回は108戦する前に敗退してしまうという結果になってしまいました。しかし、タイではこういったことは日常茶飯事。過度に気にする必要はないのです。それに、自分を見つめ直す良い時間が取れたことに変わりはありません。

周りの寺院にも見所あり!

寺院内には涅槃仏殿以外にもいくつか建物があり、自由に観覧することができます。そこそこ広くて全部見ているとかなり時間がかかります。

1つ1つの像は大きくないものの、これだけ仏像が並ぶ景色は圧巻です。

自由に探索してみてください!異文化に触れ、海外にやってきた!という気分がさらに増してくると思いますよ!

他にも、ワット・ポー内ではタイ古式マッサージが受けられるのですが、時間が押していたこと、街中のマッサージ店と比べると割高感があったこともあり、今回は受けずに帰ってきました。

まとめ

私は特に信仰心が厚いというわけではないのですが、それでもタイの寺院に行くとその壮大さや物々しい雰囲気が相まって、お祈りをしてしまいます。現地のタイ人は熱心にお祈りをしていますよね。その景色を見ることで、自分が本気で信じられるものがあるというのは素晴らしいことだというのを毎回認識させられています。些細なことかもしれませんが、文化の違いを感じられる良い機会です。これぞ海外旅行の醍醐味。

パタヤで煩悩にまみれ、ワット・ポーで煩悩を捨てる。そして綺麗になった後はまたパタヤに帰っていくのでした・・・。

 

仏様も呆れてるよ。

 

バンコクも最高ー!!

 

基本情報

住所 : 2 Sanam Chai Rd, Phra Borom Maha Ratchawang, Phra Nakhon, Bangkok 10200 Thailand

営業時間 : 8:00~18:30

拝観料 : 200バーツ

※寺院なので短パン、ホットパンツ、タンクトップなど過度な露出を伴う服装では入場できない場合がありますのでご注意ください。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました