Shabushi(シャブシ)でお手軽にタイスキを味わう!なんと食べ放題!ディナーによし!

グルメ・お店

タイの有名チェーン店「Shabushi(シャブシ)」でタイスキを食べてきました。回転寿司形式になっていて食べ放題!お手軽に食べることができます!

スポンサーリンク

場所

タイで日本食レストラン事業を行っている「OISHIグループ」が展開するレストランの1つです。大きなショッピングモールの中に入っていることが多いです。今回行ったのはセントラルフェスティバル(通称、センタン)の中に入っている店舗です。6階にあります。パタヤだと他には中心地から近いところで「ターミナル21」「セントラルマリーナ」「ハーバー」に入っています。バンコクでも多数店舗あり。

スポンサーリンク

外観

Shabushiと書かれた看板が目印です。大抵、お店の中にかなりの人がいること、入店待ちの人で溢れかえっているので目立ちます。

外にいる店員さんに入りたい人数を伝えると順番待ちの番号が書かれたレシートが渡されます。写真右上に表示されている番号ですね。呼ばれるまでは外のベンチやショッピングモール内で時間を潰しましょう。

入店!

約20分ほど待って番号が呼ばれたので入店です。店内はものすごい人・人・人です。比較的タイ人が多い印象ですね。

入店する時にスープを選びます。透明なスープかトムヤムスープから選ぶことになります。この2種類が基本のスープですが、時々イベントをやっており他のスープが選べることがあります。今回行ったときには味噌スープが選べました。

これがシャブシの特徴の「回転寿司」スタイルです!色々なものが目の前を流れていきます。最近、日本の回転寿司チェーンは卓上での注文があってから運ぶスタイルに変わりつつありますので、これだけたくさんのものが流れている景色を久しぶりに見た気がします。個人的には活気があってすごく好きです!

どんどん食べよう!

スープに具材を投入し食べていくスタイルになります。目の前に流れてくる肉、野菜、シーフード、きのこ類など、自分の好きなものをどんどん鍋に投入し食べていきましょう!つけだれを別皿に入れて持ってきてもらえますので、必要に応じて使いましょう。

他にも店内にはドリンクバーや、寿司、揚げ物が置いてあるブースがあります。タイ人大好きのサーモン寿司やカリフォルニアロールを中心に置かれています。もちろん食べ放題ですのでここから好きなものを選んで取ってきて大丈夫です。好きなものを好きなだけ食べましょう!!ちなみに、ドリンクバーにはタイでよくある甘ーいお茶が混じっていますので、苦手な方は要注意です!

緑茶を一気飲みしたら予期せぬ味でびっくりしたよ。

味はというと、個人的な感想ですが正直めちゃめちゃ美味しい!とはいえません。まずまずといったところですね。とはいえ決してまずくもありません。日本でも食べ放題のチェーン店が多数ありますが、そこで置いている肉の味と同じような印象です。

好きな人は好きだし、苦手な人は苦手、と好き嫌いがはっきり分かれる系統の味ですね。食べ放題というシステムを採用していますので、こればかりは仕方のないことでしょう。

価格

1人419バーツ約1,467円)です!子供は身長100cm未満は無料、101~130cmは未満は209バーツ、130cm以上は大人と同じ料金です。時間は75分食べ放題です。当然、ドリンクも飲み放題(アルコール類は別料金)です!タイスキの雰囲気を味わいたい方、とにかくたくさん食べたい方、アトラクション感覚を楽しみたい方、デートで使いたい方、様々な人にオススメできます。

おまけ

後日、ターミナル21の店舗にも行ってみました。値段もスタイルも全く一緒です。味も全く変わらないように感じました。

どこでも同じサービスが受けられる、それがチェーン店の強みですね。ホテルに近いところや、お腹がすいたときにたまたま近かったところなど、その時の気分に合わせて好きなところに入店しちゃいましょう!!

まとめ

75分も時間があるので食べ続けられるわけもなく、時間経過前に切り上げて帰ってきました。小分けにじわじわ積み重なり、気づいた時には動けないほどの満腹感に襲われる。それはまるでボディーブローのよう。後から効いて来るのです。

 

格闘技はしたことないけどね!

親父の小言と冷酒は後で効く!食べ過ぎには要注意!

 

パタヤ、最高ー!!

 

基本情報

住所 : 6th Floor Room 630R-632R, 333/99 Central Festival Pattaya Beach, Moo 9, Nongprue, Banglamung, Chonburi Provice

営業時間 : 10:00~22:00

電話番号 : 038-043235

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました