パタヤに初めて送金した話

駄文・体験記

突然ですが皆さんは、タイに送金をしたことはありますか?

  

タコヘーは・・・

 

 

 

 

 

 

 

あります!

 

今はスマホという非常に便利なツールがあり、LINEなどのアプリを使うことで、タイにいる人と簡単に連絡を取ることができるようになりました。

読者の方の中には、現地の人と連絡を取っている人も多いのではないでしょうか?実は、タコヘーもその内の1人です!

連絡を取り合っているうちに、送金してくれないか?と頼まれることは珍しいことではありません。

 

・・・と思っています。

 

今回は、色々あってタイ歴3年のタコヘーが初めてタイ(パタヤ)に送金をすることになった話をしたいと思います。

送金方法もご紹介していますので、ご参考になれば幸いです。

 

※タイへの送金については賛否両論あると思います。この記事はタイへの送金を推奨するものではありません。あくまでタコヘーの体験談をご紹介するのが趣旨です。

もし、送金される際はご自身の判断で行っていただきますようお願いします。

スポンサーリンク

送金した相手

送金相手は約2年前パタヤで知り合ったバービアで働いている子です。当時、とある場所を歩いていたら、

 

おっ!?この子、かわいいー!!

 

ということで、好みの子を発見!そのまま吸い込まれるように入店し、一緒にお店で飲んだのがきっかけでした。名前はZちゃんとしておきます。

その時に、タイのディスコが好きなんだよね!という話をしたのですが、

 

本当!?私、ほぼ毎晩遊びに行っているわよ!

今日も仕事終わったら行くんだけど、一緒に行かない?

 

ということで、その子の仕事が終わってからクラブハリウッドに遊びに行くことになったのでした。

 

23時頃に合流し楽しく遊んでいたのですが、なんとZちゃん、テンションがあがり飲みすぎてしまい、帰れなくなってしまったのです。

Zちゃんの友達も来ていたのですが、もはや置物状態になってしまったZちゃんを見て、「お前、連れて帰って面倒見ろよ」という圧力スマイルを向けられているのを感じました。

不思議なもので、言葉は通じなくても、思いは通じるんですよね!

ということで、介抱役に任命されてしまい、朝まで面倒を見ることになったのでした・・・。翌朝、Zちゃんは体調は悪そうだったものの、無事に帰って行きました。

 

こういう出会いがあり、その後日本に帰ってきても1~2日に1度、LINEでくだらない日常会話やビデオ通話をやり取りする関係になったのです。

その後もパタヤに行くたびに遊ぶ機会があり、約2年が経ったのでした。

スポンサーリンク

経緯

いつものようにLINEのメッセージが来たのですが、この時は様子が違いました。

 

ส่งเงินมาให้ฉันใช้หน่อย(お金を送って)

ไม่มีเงินแล้ว(お金がない)

ฉันจะดูซิว่าคุณสามารถช่วยเหลือฉันได้ไหม(あなたが私を助けられるかどうか見ている)

※翻訳はグーグル翻訳のものを載せています。

  

これまで、何度か遊んでもお金をせがんでくることが一度もなかったZちゃんなのですが、「お金がないので送金してくれ」とド直球で頼んできたのです。

 

その時のタイは非常事態宣言下にあり、3月から様々な商業施設閉鎖となっている状況でした(非常事態宣言は6月30日までの予定ですが、6月27日現在、徐々に規制が緩和されてきており、一部の業種営業再開しています)。

特に、バーなどの飲食店は、この時点では一切営業再開の見込みが立っていませんでした。

※6月29日追記 タイの非常事態宣言は7月末まで延長されることになりました。

 

これまで、何があってもお金をあげるようなことはしない、そう考えてきました。送金するなんてもってのほかで、絶対にありえませんでした。

 

しかし、今のこの状況を踏まえると、

 

本当にどうしようもなくて頼んできたのかな・・・

 

そう思えてきたのです。

悩み、決断

正直、送金依頼に応えるか否か、LINEが送られてきたその場では結論が出せませんでした。

Zちゃんは約2年の付き合いがある子で、何度か遊んで楽しい思いをいっぱいしてきました。当然、それなりに思い入れがあります。とはいえ、旅行した時に遊ぶだけの関係であることもまた事実です。

約1日悩みましたが、知り合いが困っているだろう状況を、

 

ごめん、無理!

 

の一言で片付けられるほど冷酷にはなれませんでした。しかし、正直いって、ただで送金したくないという思いも変わりませんでした。

 

これでは答えなど出るはずがありません。

 

 

 

・・・ですが、ここで閃いたのです。

 

タコヘーはパタヤを紹介するブログをやっていて、Zちゃんはパタヤ在住です。そして、タコヘーはパタヤに行けなくて困っていて、Zちゃんはパタヤの様子が分かる状況にあります。

 

・・・これだ!

 

そうです!Zちゃんにブログ用の写真を撮ってきてもらうことにしたのです。そして、働いてくれた対価として給料を払う(送金する)、これなら良いのではないかと!

 

タコヘーはパタヤの状況をブログで紹介できる、Zちゃんはその対価を得ることができる。これでWIN-WINです!

 

早速、ZちゃんにLINEを送りました。

 

ごめん、ただで送金はできないけど、

僕のために働いて欲しい。

パタヤの写真を撮って送って欲しい。

送ってくれたら、その給料として3,000バーツ払うよ。

わかったわ。

写真はいつ送ればいいの?

自分の好きなタイミングで大丈夫だよ!

ただし、必ず自分で写真を撮ってくること!
インターネットから拾ってくるのはダメだからね。

OK BOSS

 

ということで、Zちゃんに働いてもらうことになったのです!

結果

写真を依頼したのは5ヶ所です。セントラルフェスティバルソイ6ソイブッカオLKメトロウォーキングストリートです。写真だけ依頼しました。

その2日後に写真が送られてきました。送られてきたのは上記の場所の写真と動画、そしてジョムティエンビーチの写真でした!

なんと、依頼した以上にきっちりと仕事をしてくれたのです。

 

ええ子や・・・

 

ということで、当初の取り決めから若干上乗せして4,000バーツを送金したのでした!

※金額については元々日本円換算で1万円程度で考えていました。タコヘーにはこれぐらいの金額が限界です・・・。

 

6月に投稿した現地紹介記事5本は、今回の経緯で取ってきてもらった写真を使ったものとなっています!

方法

イギリスのフィンテック系企業、TransferWise(トランスファーワイズ)のサービスを利用しました。

トランスファーワイズの特徴は、送金手数料為替レートをとにかく安く抑えていること、これに尽きます!

今回の送金手数料295円為替レート1円=0.2962バーツでした。10,000円で2,962バーツなので、かなり良いレートだったのがお分かりいただけると思います。

 

口座開設は簡単です!

  • 本人確認書類
  • マイナンバー関連書類

手元にこれらの書類を用意し、後は説明に沿って進めるだけです。

口座開設完了後は、

  • 口座名義人名
  • 受取人の住所、郵便番号
  • 送金先銀行名
  • 口座番号
  • 受取人のメールアドレス(省略可能)

これらの情報が実際にタイに送金するのに必要になります。

 

送金手続きをし、トランスファーワイズの指定口座(三菱UFJ銀行)に送金相当額+手数料の日本円を入金(振込)をした翌日には、タイの銀行に着金していました。かなりスピーディな取引をすることが可能です!

 

ネットでかんたんに海外送金 | TransferWiseで海外へ送金する
銀行の海外送金では多額の手数料が課金されますが、私たちは最低限の手数料で送金を可能にします。早く、安価で、カンタンに送金。

今回は簡単に紹介しましたが、送金方法の詳細後日改めてご紹介する予定です!

まとめ

タコヘーのタイへの初送金の話でした。まさか自分がタイに送金することになるとは思いませんでしたが、今回の件はお互い納得してのことなので、全く後悔はしていません!

予想していたよりも簡単に送金ができて、フィンテック関連サービス手軽さ便利さを学べる良い機会となったのでした。

 

今回は働いてもらうということで折り合いをつけましたが、人にお金をあげるという行為は余程のことがない限りあり得ない、という考えに変わりはありません。

 

用法、用量を守って楽しい送金ライフを!

 

パタヤ、最高ー!!

 

 

今回の写真・動画を使った記事

 

コメント

  1. ナルカナ より:

    こんにちは。ブログランキングから来ました。タイへの送金は、トランスファーワイズを使うと便利なのですね。自分が中国に送金した時は、郵便局任せでした。手数料も結構取られたと思います。今度送金するときは、フィンテック関連サービスを使おうと思います。いい情報をありがとうございます。

    • タコヘータコヘー より:

      ナルカナ様
      コメントありがとうございます!また、ブログランキングから来ていただきありがとうございます!
      今は色々なフィンテック企業が出てきており、海外への送金が非常にやりやすくなっているようです。
      もちろん、郵便局や銀行でも可能なところはあるのかも知れませんが、手間や手数料が段違いです。詳しくは調べていませんが、ナルカナ様が当時送金されたのと今も大差ないと思われます。
      ご自身に合ったフィンテック企業を探してみてください!トランスファーワイズはかなりおすすめです!
      記事をご覧いただき、ありがとうございます。また今後ともよろしくお願いします!

  2. Takao より:

    こんにちわ!ゆうでぃーさんのYou Tubeでたこへーさんを拝見し、ブログにきました~
    水上はお疲れ様でしたね。
    送金の件は賛否両論いろいろありますね。でも、たこへーさんのように考えてのことなら私も同感です。送ってと言われるままに送金することには、抵抗があります。わたしもバンコクタニヤの子と仲良くしてますが、渡バンコクの際になにかしらお土産を買ってあげて喜んでもらってます。日本では直球でお金を無心されることはあまり無いと思いますが、タイでは宗教とか経済の背景から、あまり抵抗がないでよね・・。
    今はコロナ禍で厳しい状況ですが、今後もタイ情報の発信、楽しみにしてますので頑張ってください。
    P.S.私もお酒大好きなんで、いつかタイでいっしょにお酒飲みましょう!

    • タコヘータコヘー より:

      Takaoさん

      コメントありがとうございます!そして、放送ではいつもお世話になっています!いつも楽しい配信ですよねー!水上は最高でした!

      送金は本当に難しい問題ですよね。
      タイと日本では置かれている境遇が違うので、送金しても良いかなと思う反面、やりすぎると相手が調子に乗ってしまう・・・。本当に難しいです。

      Takaoさんの仰る通りで、日本ではそもそもお金をあげるという文化はない(寄付を除く)ので、馴染みのない行動ですよね。

      今回、記事にも書いたのですが、正直結構悩みました。今が通常通りの時勢であったら、間違いなく送金はしていなかったと思います。
      ただ、今は非常事態なので、それで重い腰が上がったという感じでしたね。

      お土産を渡すのは良いですね!海外からのお土産はもらうと嬉しいですしね!
      タニヤの子、Takaoさんが来てくれるのに加えて、日本からのお土産ももらえるとなれば喜びも最高潮でしょうね!羨ましい限りです。

      ありがとうございます!また記事読んでやってください!今後ともよろしくお願いします!

      こちらこそ是非、時間が合えばタイでお会いしましょう!!最高の夜になりそうです!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました