2017年8月タイ旅行記2「タイ、再び~油断~」その5終 夜の街での出会い

旅行記

この記事は2017年8月タイ旅行記2 その4の続きです。

 

 

リベンジタイ旅行3日目の夜。ナナプラザに繰り出すも、洗礼を浴びて即退場となってしまったタコヘーと友人。

もう、こうなればあの場所へ行くしかありません!懲りずに出掛けていきますが、ここで予想外の出会いがあったのでした!

   

そこからの続きです。

 

※今回の記事は夜のお店の内容を含みます。

スポンサーリンク

ソイカウボーイにリベンジ

やはりホームはソイカウボーイ!ということで、ナナプラザから歩き、今日も懲りずにやってきたのでした。 

まずは景気付けに一杯やろう、ということでバカラを目指します。ここはハズレがないので安心して入れるゴーゴーバーですね。

はやる気持ちを抑えきれず、全速力で歩いていきます。そして、入店!

 

 

 

したのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

  

待てども待てども友人が入ってくる気配がありません。

 

おかしいぞ・・・?

 

スポンサーリンク

衝撃的な出会い

まさか、はぐれたのか?不審に思い、席に座る前だったのでいったん外に出てみました。

 

そこで見たのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみませーん!

私たち、ゴーゴーバーに入りたいんですけど、一緒に入ってもらえませんか?

 

えっ?ゴーゴーバーに入りたいの?

 

なんと、日本人女性3人組に話しかけられている友人でした!ソイカウボーイに日本人女性?

  

一体どういうことなんだ?

 

事情を聞いてみると、女性だけではゴーゴーバーは入れないらしく、どうしようか考え立ちつくしていたそうです。

 

そんな時に、いかにも日本人な奴らバカラに入っていこうとしていたので声を掛けたとのことでした。

ちなみにタコヘーは日本人だとの確証が持てなかったため、友人に白羽の矢が立ったようです。

 

ゴーゴーバーに入っていくところなんて、女性には見られたくない瞬間かもしれませんが、ここはタイ

 

 

マイペンライです。

 

 

そんな恥ずかしさは一瞬でぶっ飛ばしていきます!しかも、今回は向こうから一緒に入りたいといってきているのです。

 

じゃあ、行こうか!

  

ありがとうございまーす!

 

日本人女性と飲めば絶対にぼったくりはないだろう・・・!

 

ということで、5人でバカラに入店しました。

男達がついていたからか、何もいわれることはなく、すんなりと入ることができました。3階のソファ席を陣取って飲み始めます。

 

せっかくタイに来たのにもったいないと思うかもしれませんが、昨日のこともあり傷心かつ弱気になっていたので、我々にとって渡りに船でした。

  

いやー、助かりましたー!

 

別に構わないよ。

 

まるで日本の居酒屋で飲んでいるのと変わらない雰囲気で話をしています。旅の開放感も相まって、打ち解けるまでにそんなに時間はかかりませんでした。

 

この3人組は全員1人旅でタイに来ていました。出発前にとある掲示板で知り合い、タイに来て初めて会ったそうです。

それにしても、海外で知らない人と会ったうえ、ゴーゴーバーにまで行くなんて、只者ではありません。

ということで・・・

 

 

 

 

 

 

 

あのオネーチャンは何カップかな?

シリコン入ってるかな?

ゴーゴーバーは女性から見てどう思う?

何番の子が好き?理由は?

あっ、あの子可愛いね!

 

ステージで踊っているオネーチャン達を見ながら、容赦なく際どいネタをぶっこんでいきます。しかし、この3人組、全く動じる様子がありません。

鋼のメンタルに完敗でした。

 

 

 

・・・他愛もない話をし、結局1~2時間飲んでいたでしょうか。ぼちぼち良い時間になってきたのでお店を出ることにしました。時刻は23時頃だったと思います。

 

レディを付けずに遊んでいたので、もしかするとゴーゴーバーの楽しみ方には反するのかもしれませんが、5人でそれなりにドリンクを注文したので許してもらえる・・・と勝手に思っています。

 

その後はソイカウボーイを出て、アソーク駅の近くで話をしていました。

せっかくの出会いだったので連絡先交換をし、

おまけに記念撮影までしました。

 

非常に珍しい体験でした。こんなこと、なかなかないのではないでしょうか?

 

 

 

いやー楽しかった。さて、夜も遅いので、そろそろ解散しましょうか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・と思いきや、彼女たちはこの後、ゴーゴーボーイに行くというではありませんか!

 

ゴーゴーボーイ!?なんだそりゃ!?

めっちゃ面白そうだ!

 

初めて聞くその言葉に完全に好奇心を刺激されてしまい、急遽参戦することにしました。結構飲んでいて、テンションが上がっていたというのもありました。

 

 

 

 

・・・しかし、これが地獄の門への入口だったのです。

まだまだ夜はこれから

どうやら、ゴーゴーボーイパッポンにあるとのことで、タクシーに乗り込んで向かうことにしました。

 

あっという間にパッポンに到着しました。到着するなり、目当てのお店に向かって一直線に進んでいく彼女達。それはまるで、我々がバカラを目指すスピードと同じでした。 

酔いが回ってきて、へべれけ状態だったので、残念ながらお店がどこだったのかは覚えていません。気が付けば既にお店に入っていました。

 

ゴーゴーボーイはゴーゴーバーと違い、事前に料金を払う必要があります。入場料+1ドリンク500~600バーツ程度の支払いだったと記憶しています。

24時過ぎだというのにお店は満員に近く、ほとんどの席が埋まっていました。

 

 

 

席に座って話を聞いてみると、なんと昨日も同じ店に来たとのことでした。そう、彼女らは百戦錬磨の乙女達だったのです!超上級者です! 

 

相手が一枚も二枚も上手だったわ・・・。

 

そりゃあ、ゴーゴーバーくらいでは動じないはずです。

 

 

 

少し待っていると、ショーが始まりました。

 

ムキムキ・バッキバキ・ビンビンのボーイズ達がダンスを始めました。ボーイズ達は最初はを着ていたのですが、段々と過激さが増していき・・・

最終的にはなんと全裸に。そして、くんずほぐれつパーティナイトを繰り広げ始めたのでした。

 

・・・・・・マジかよ。

  

あらあら、ちょっと刺激が強かったかな?

 

その光景を見てドン引きする友人。アガる3人組。 

ショーとしては面白いのですが、ステージ上では何かの液体が飛び交ったりと、あまりにも生々しい光景が広がるのでした。

 

一方、タコヘーはというと・・・

 

 

 

 

 

 

 

イエーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

 

あまりにぶっ飛んだ光景にテンションマックス、酔いも回って最高の気分です!ステージに向けてハンズアップしながら歓声を飛ばしまくりました!

  

  

 

ショーが終了し、最後はボーイズ達全員ステージに並びます。屈強なボーイズが何人も並んでいるのは圧巻の光景です。

どうやら、気に入った子がいれば指名をすると外に連れ出すことができるようでした。

 

 

と、ここで異変が!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

お前、ボーイズ達にめっちゃ見られてるぞ!

 

なんと、ステージに向けて歓声を送りまくったせいで、積極的な男と間違われてしまったのです。

結果、多数のボーイズからのアプローチを受けることになってしまったのでした。

 

ステージを見てみると、色々なボーイズと目が合います。めっちゃこっちを見ています!気のせいなんかではありません。俺と遊んでくれ!俺を連れ帰ってくれ!熱烈にアピールされているのをビリビリと感じます。

投げキッスを飛ばしてくるボーイまでいる始末です!自業自得とはいえ、大変な事態になっていまいました!

 

これを見て最終的に取った行動は、

 

やっべぇ・・・・・・

 

下を向いて誰とも目を合わせないようにして、その時間が終わるのをひたすら待つことでした・・・。

 

 

 

帰る前にトイレに行ったところ、そこにはベンチがあってボーイズ達が何人か休憩していました。

さっきのこともあり、みんなに見られている感覚に陥ります。用を足している時にこのままやられちまうのではないか、と思うと恐怖でした。

 

また、トイレに行くまでの道中に筋トレ器具(ベンチ、ダンベル、バーベル)が置いてあり、パンプアップしているボーイズ達もいたのでした。

急に彼らが怖く見え始めます。

 

これはヤバいぞ・・・

 

一瞬で酔いが醒め、逃げるようにお店を出たのでした。お店の外で彼女達とも解散し、ここで日本人5人の宴会は終わりを告げたのでした。

 

さすがに調子に乗りすぎました。このままここにいてはマズい。身の危険を感じたので、さっさとタクシーに乗り込みホテルに戻りました。

 

楽しかった・・・ですが、もう二度と行くことはないでしょう。

タイ旅行最終日・帰国 

いよいよタイ旅行最終日となりました。午前中の飛行機に乗るため、空港に移動します。

ホテルをチェックアウトした後、ナナ駅BTSに乗りモーチット駅へ向かいます。

最終日となると、全てのものが愛おしく見えてくるものです。ナナ駅で建設中だったコンドミニアムQ1 Sukhumvit Condo by Q House」を眺めていました。

このコンドミニアムは2018年に建築完了し、既に販売に出されています。後から調べてみると、日本円相当で1億円~3億円するような、超高級コンドミニアムでした。

 

 

 

そうこうしているうちに無事にドンムアン空港に到着し、帰りの飛行機に乗り込みました・・・。

 

今回も楽しいタイ旅行となりました! 

終わりに

5回にわたって投稿してきました、2017年8月タイ旅行記2はこれにて終了です!今回も長きに渡りご覧いただき、本当にありがとうございました!

 

テーメーカフェでの遊びや、ゴーゴーバーでの豪遊など、前回の一人旅ではできなかったことができたのは大満足でした。しかし、これで完全に調子に乗ってしまいました。

調子に乗ったせいで油断してしまい、ぼったくられるという悪い結果を招くこととなってしまいました。これが今回のテーマとなった「油断」です。

最終的には数万円の被害で済んだので、今では笑い話ですが、海外旅行で「油断」してはいけないことを身にしみて感じたのでした。これは今でも旅行での教訓となっています。

その3の記事内でも書いたのですが、バーで遊んだ時には必ず会計を確認するようにしましょうね!

 

今回は前回と違い、完全に遊びを目的とした旅行でした。それでも得られるもの出会いがたくさんありました。これがあるからタイ旅行はすごく面白いんですよね!

余談ですが、一緒にゴーゴーバーに行った女性3人組のうち2人とは日本に帰ってきてからも一緒に飲む機会がありました。

残念ながら最近は疎遠になってしまっていますが、パワフルな方々なので、きっと元気にしていることでしょう。

 

この旅行記を読んでいただき、タイの面白さが少しでも伝われば幸いです。ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました!

コメント

  1. Takao より:

    タコへーさん、こんばんわ~!

    「油断」シリーズ、楽しませていただきましたよ。
    思いもかけないことが起きるのが旅の醍醐味ですよね~

    タコへーさんはタイ以外で印象に残っている国(都市)はどこでしょうか?
    わたしはインドネシアのバリ島(なかでもサヌール地区)ですね。
    バリもクタやレギャンのような、にぎやかな地区ではなく、サヌールのさびれた?リゾート感がたまりませんwww

    今後も楽しい記事、お願いしますね!

    • タコヘータコヘー より:

      Takaoさん

      こんばんは!いつもコメントありがとうございます!
      今回もお読みいただきありがとうございました!まさか、あんなことやこんなことが起きるとは旅行前には予期しませんでした!
      本当、こういうことがあるから旅行はやめられないんですよねー。

      私、タイ以外はインドネシアと香港しか行ったことがないんです。初海外がインドネシアのバリ島だったので、一番印象に残っています!
      実は、今回の投稿に登場している友人と行ったんですよ 笑
      ウブド地区の棚田を見たときは感動しました!そこで食べたナシゴレンがめちゃめちゃ美味しくてそれも強く印象に残っています。
      夜はクタのスカイガーデンというクラブで遊んだのですが、今思えばそれが夜の街への第一歩だったのかもしれません・・・。

      残念ながらサヌール地区は行かなかったのですが、寂れたリゾート感、気になります!
      Takaoさんのようなベテランの印象に残る場所とは必見ですね!機会があれば行ってみたいと思います!

      まだまだ頑張って更新していきますので、引き続きよろしくお願いします!!

      • Takao より:

        タコへーさん、こんばんわ~!

        初海外がバリだったんですね。ナイスチョイスですよwww

        バリのサヌールはぜひおすすめですので、機会あれば一度訪問してみてください!
        わたしは10年前に娘と初めて行って以来、年に2~3回は訪問してます。
        ナシゴレンはじめ日本人にあう食事、ひとなつっこい民族性、物価の安さ。
        バリはまだ古き良き日本の感じが残っているようで、わたしのお気にいりのひとつです。

        わたしの初海外は学生時代のヨーロッパでしたが、その後東南アジア各国に出会い、やはりアジアに魅かれてしまいます。

        タコへーさんはまだ若いから、これからもいろんな経験をされると思います。
        ぜひ、そうした情報をこれからも発信してください!!
        期待しておりますよ~

        • タコヘータコヘー より:

          Takaoさん

          ご丁寧に返信ありがとうございます!

          当時、旅行会社の人と相談して、バリ島になりました!初回はあまり冒険せず、リゾート地を中心に攻めていたので、古き良き日本の感覚は味わわずに帰ってきました。
          年に2~3回とは相当にお気に入りなんですね!行きつけの場所があると違いますよねー。
          次回行く時は必ずローカル感のある街も行ってみたいと思っています!サヌール地区、要チェックですね!

          ヨーロッパはいつか行きたいと思っているのですが、値段を見るといつも敬遠し、東南アジアに向かってしまいます 笑
          東南アジアは現地の空気や人の優しさが最高ですよね。私も気に入っている点です!

          いつもありがとうございます!これからもできる限り、自身の経験をお送りできるように精進していきます!
          良い出会いがあることを祈って・・・!

  2. サル より:

    わたしはパタセンですが、パタヤじゃバンコクみたいなことは経験したことはなあですね。

    バンコクはまだあるんですね。

    そろそろパタヤ編かな?

    • タコヘータコヘー より:

      サルさん

      いつもコメントありがとうございます!
      私も今はパタヤばかりなのですが、この時はまだタイに行き始めだったのでバンコクで遊んでいました。
      旅行者が多いので、思わぬ出会いがあるのがバンコクの良いところかもしれませんね。

      もちろん、パタヤでもワンダフルな出会いはありますが!今のところ日本人女性と出くわしたことはほとんどないですね 笑

      旅行記3はパタヤが主になりますので、また是非読んでいただけると嬉しいです!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました