ヒルトンパタヤのルーフトップバー、Horizon(ホライズン)のご紹介!サンセットからの夜景がオススメ!

グルメ・お店

パタヤの景色を見ながらゆったりと、オシャレな雰囲気でお酒が飲みたいと思ったことはありませんか?

 

 

今日は優雅に黄昏れたい気分だぜ・・・。

 

 

そんな時にぜひ行っておきたい場所なのが、ヒルトンパタヤの最上階にあるルーフトップバーHorizon(ホライズン)です!

ここではパタヤの街並みを一望しながらお酒を飲むことができます。心地良いBGMがかかっていてムードは満点、最高の気分になれること間違いなしです!

観光はもちろん、デートにも最適な場所ですよ!

スポンサーリンク

場所

ヒルトンパタヤの34階(最上階)にあります。パタヤで一番目立つ建物といっても過言ではありません。すぐに見つけられることでしょう。

ビーチロードセカンドロードどちらからでも行くことができ、アクセス抜群の立地です。

 

ヒルトンパタヤにはセントラルフェスティバル(センタン)というショッピングモールが併設されていて、いつでも賑わっています。

このブログでもセンタン内のレストランをいくつかご紹介しています!センタンに来た際は要チェックです!

 

 

 

スポンサーリンク

ドレスコード

ホライズンではドレスコードが設定されています。ドレスコードと聞くと固い印象を受けると思いますが、身構える必要はありません!

以下の服装を避けてください。

 

  • 水着
  • ノースリーブ
  • 過度な露出の服装

 

これらの服装でホライズンに行った場合、入場を断られる可能性があります。 

 

パタヤの街では、短パンTシャツサンダルなど、ラフな格好で歩くことが多いと思いますが、それでも全く問題ありません!

 

タコヘーは短パンシャツスニーカーで普通に入れました!

 

行き方

まず、ヒルトンパタヤに向かいましょう。ビーチロードセカンドロードどこから行っても大丈夫です。ヒルトン、センタンどちらから入ってもホライズンに行くことはが可能です。 

しかし、セントラルフェスティバルのエレベーターから直接行くことはできませんので要注意です!

 

センタンから入った場合、まずエレベーターで7階まで行き、そこでヒルトンパタヤのエレベーターに乗り換え、34階を目指しましょう。

ヒルトンに直接入った場合は、まずエレベーターで16階に行き、そこで降ります。

ロビーの近くに別のエレベーターがありますので、そこに向かいましょう。

エレベーターに乗ったら、34階のボタンを押して・・・

エレベーターのドアが開くと、そこはもうホライズンの入口です!到着したら道なりに進んでいきましょう。

少し歩くと受付のような場所がありますが、気にせずそのまま進んでいって大丈夫です。

左手にレストランが見えたら、ホライズンはもうすぐそこです!右側をそのまま進んでいきましょう!

ホライズンに到着

自動ドアをくぐるとルーフトップバー、ホライズンに到着です!

 

どうでしょうかこの感じ!?

 

程よく暗くて落ち着きのある雰囲気、心地良い海風、そして綺麗な夜景!どれをとっても素晴らしい場所です!

もちろん、ビーチロード側に行けばパタヤの海を見渡すことができます。PATTAYAサインも見えますね!

タコヘーは行った時はBGMにハウスミュージックが流れていました。とにかくムードが良くて、辿り着いた瞬間に心が躍ること間違いなしです!

お酒を注文

早速お酒を頼んでみましょう!席が空いていなかったのでカウンター席に座りました。テーブルが怪しげに照らされていて、すごく良い雰囲気が漂っています。

スタッフはすごく丁寧な接客をしてくれます。さすが、天下のヒルトンにあるルーフトップバーです。

 

座ると同時にドリンクメニューを渡してくれました。メニューはこの記事の後半に詳細を載せています。

今回はシンハービールを注文することにしました。ドリンクを頼むと、おつまみにナッツ盛り合わせがついてきます。

 

 

シンハービールを飲みながらホライズンの雰囲気に浸ることができ、ほろ酔い状態です。正直これだけでもかなり満足でした。

・・・途中でふと周りを見てみると、なんとテラス席が空いたようでした!

すかさずスタッフへ、

 

 

あっちに移動してもいい!?

 

 

と聞いてみたところ、特に予約は入っていないので大丈夫だよ!と、OKの返事をもらうことができました。

なぜそんなに焦って移動したのかというと・・・? 

 

 

このテラス席が素晴らしいからです! 

 

 

 

 

 

 

このように、パタヤの海を一望できるテーブルとなっています!カウンターと違って、ゆったりできるソファ席となっているのもグッドです!

 

通常は予約で埋まってしまうことが多いようです。実際にほとんどのテーブルがReserved(予約済)になっていました。どうしても座りたい場合は、あらかじめ予約をしてから行くと良いでしょう。

お会計

帰る時は近くにいるスタッフに伝えると、伝票を持ってきてくれてその場でお会計となります。非常に簡単なシステムです。

 

ヒルトンの最上階にあるだけでなく、これだけオシャレなので、

 

どうせ、お高いんでしょう?

 

と思うかもしれません。

 

しかし、ホライズンはなんとチャージ料が一切かかりません!入場料もかかりません!飲食した分のみ支払いです。

今回はシンハービールを飲んだだけだったので、お会計は190バーツ約627円)でした。

※正確には、メニューの値段にサービス料税金が全て含まれています。後ほどレシートが出てきますので、そちらをご覧ください。

 

ビール1杯の値段としてみれば高いのかもしれませんが、ここはヒルトンの最上階にある、パタヤの絶景スポットです。そう思うと全然高く感じませんよね。

逆に、なんて良心的なのか感心してしまうレベルです!

  

 

余談ですが、バンコクのマハナコーンタワーに行った時は入場料ワンドリンク880バーツかかりました。

 

 

パタヤの夜景

いよいよ、パタヤの夜景をご紹介します!周りには同じ高さの建物がほぼありませんので、パタヤの街を遠くまで見渡すことができて爽快です!

ナクルア地区方面 

ナクルア地区方面の夜景です。ビーチロードが左側にありますね。サイアムアットサイアムデザインホテルや、ホリデイインの看板が見えます。

サードロード方面を眺めた写真です。街の明かりが綺麗です。

ジョムティエン地区方面 

ジョムティエン地区方面の夜景です。ビーチロードが右側にあります。PATTAYAサインがはっきりと見えています。写真ではかなり小さいですが、ウォーキングストリート入口も見えます。

すぐ隣にはViewTalay6(ビュー タレー 6 コンドミニアム)があります。どれも良い部屋なんだろうな、仮にここに住んだらどんな暮らしなのだろうか・・・と想像が膨らみます。 

真下 

めちゃめちゃ高いです!あまりの高さに足がすくみます。

の向こう側には何もないので、落ちないよう、そして何かを落とさないように気をつけましょう。

下には多数の通行人がいますので、万が一スマホを落としでもしたらとても危険です。写真撮影をされる際は細心の注意を払ってください。

 

 

 

どの方向でも最高の夜景を見ることができます!物思いにふけるもよし、黄昏れるもよし、オネーチャンを口説くもよし!

 

活用方法は、アナタ次第です。

 

夕方のホライズン

夜景を楽しんだ翌日もまたホライズンに行き、夕方のホライズンも楽しんできました!その日は知人と落ち合う予定があったのですが、場所が決まっていませんでした。

ホライズンのあまりの雰囲気の良さにすっかりとなってしまったタコヘーは、そこに知人を呼び出すことにしたのでした。

全体的に店内が暗くなっているとはまた違っていて、夕方のホライズンは開放感のある雰囲気でした。

パタヤの夕景色

パタヤの夕景色をご紹介します!夜とは違って、街の色をはっきり見ることができます。

ナクルア地区方面

手前側には意外とカラフルな建物が並んでいることが分かりました。

サードロード方面に行くにしたがって、高い建物が少なくなっているように見えます。

ジョムティエン地区方面

海に夕日が反射して、切なさやら寂しさやら、なんともいえない気分にさせられます。

昨日はピカピカしていたビュータレー6コンドミニアムですが、今はそれもなく、少しくたびれて見えます。

真下

夜と変わらずめちゃめちゃ高いです!

夜だろうが、夕方だろうが、ヒルトンパタヤの高さは全く変わりませんでした!

 

 

 

この日はパタヤ旅行最終日で帰国が迫っていたこともあり、サンセットを見ながら哀愁を感じていました。水面に映る夕日がたまりません。

天気も若干曇っており、まるでタコヘーのを表現しているようでした。

メニュー

夕方のメニュー

夕方のホライズンでは、夜に渡されたドリンクメニューとは違ったメニューを渡されました。 

なぜかというと、17:00~19:00ハッピーアワーが開催されているからです!

 

この時間は写真上のドリンクメニュー(SUNSET SESSION AT HORIZON)に書かれているドリンクを1杯の料金で2杯飲むことができます。ちなみに、写真下はおつまみメニューです。

カクテルを注文し、さっそく乾杯です!左から、マイタイコスモポリタンクラシックマティーニです。本格的なカクテルで、パタヤの街中ではなかなか飲むことができない味でした。

ハッピーアワーで残念だったのはメニューから好きなものを2杯選べるわけではなく同じドリンクが2杯となってしまうことです。ただ、複数人で来ればシェアできますので、さほど問題にはならないかと思います。 

マイタイ420バーツ、コスモポリタン360バーツ、クラシックマティーニ360バーツで、お会計は3人で1,140バーツ約3,762円)でした。

公式HPメニュー

ヒルトンパタヤの公式ホームページに記載されているメニューのリンクを張っておきます。

 

※全てPDFファイルです。

 

ご参考にしてください。

沈みゆく夕日・・・

楽しい時間はあっという間に過ぎ、気がつけば日が沈み、が顔を出し始めていました。

景色が綺麗になる一方、帰国が近づいてきており、なんともいえない複雑な気持ちになったのをよく覚えています・・・。

まとめ

ヒルトンパタヤ最上階のルーフトップバー、Horizon(ホライズン)のご紹介でした!景色雰囲気値段、全てにおいて良い点ばかりで、悪い点がほとんど見当たらないお店でした!

 

ここに来る前はヒルトンパタヤ高いイメージがあったのですが、全然そんなことはなく、むしろかなり安い料金で快適に過ごすことができました。 

タコヘーのように、ヒルトンには泊まれないけど、それでもヒルトンを感じてみたい!という方はぜひホライズンに行ってみると良いでしょう!一流の接客を体験することができますよ!

 

場所がかなり良いのでどの時間帯でもオススメですが、初めて行くならのほうが雰囲気があってルーフトップバーの良さを堪能できることでしょう!観光でもデートでも、お好きなように使ってみてくださいね!

 

夕方からホライズンで時間を潰して、そして夜の街へ・・・という使い方もできますよね。

 

 

ホライズンでオネーチャンを口説いて、夜の街でもオネーチャンを口説いて・・・

口説くことで功徳(くどく)を積みまくるのだ!!!

 

 

パタヤ、最高ー!!

 

 

基本情報

住所 : 333/101, Bang Lamung District, Chon Buri 20260 Thailand

営業時間 : 17:00~25:00

ドレスコードあり : 水着、ノースリーブ、過度な露出は入場不可

ホライズン公式ホームページ(ヒルトンパタヤ)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました