チョンブリー県知事、非常事態宣言を受け、規制を正式に発表

ニュース

3月26日にタイでは非常事態宣言が発令されました。これを受けて、チョンブリー県知事が新たな規制を正式に発表した模様です。パタヤニュースが報じています。

命令の概要は以下の通りです。 

  • ショッピングモール、デパート内の店舗はスーパー、ドラッグストア、テイクアウト用レストラン)を除いて閉鎖。座席は提供されない。
  • 全ての公共公園、遊び場、スポーツ会場、スタジアム、その他屋内・屋外のスポーツ会場は、全て閉鎖されなけれなならない。ゴルフ場に関しては例外が削除されており不明。
  • 市場は営業を続けることが可能。しかし、適切なスクリーニングや入退場をしなければならない。集団の社交や飲酒などは許されない。食べ物を購入するためのものでなけれならない
  • 集会やイベントなどの禁止。
  • ラン島とシーチャン島への渡航は「するべきではない」。居住者は行き来可能。

官公庁に関しても記載されています。

  • 地区の役所は出生証明書と死亡証明書のみ許可。
  • 不動産事務所 – 土地の登記、権利、契約、土地、コンドミニアム、不動産等の問い合わせなどの業務は休止。
  • 陸運事務所 – 新規の運転免許証、証明書の発行業務は休止。
  • チョンブリー、シーラチャの社会保障事務所は閉鎖されているが、オンラインサービスは利用可能。

参照元 : The Pattaya News

これらの項目は、全て状況が改善されるまでの間、有効です。

娯楽施設の封鎖については言及がなかったものの、数日のうちに動きがある可能性が高いとのことです。現時点では4月1日までとなっていますが、おそらく延長になることでしょう。

その他、これまで発表されていた、午後8時から午前6時までのビーチ立ち入り禁止要請エンターテイメント会場の閉鎖衛生面での対策についてはそのまま継続されるとのことです。

 

また、その後にも追加で命令が出ています。

  • 安全上の理由により、全てのコンビニエンスストアは午後10:00から午前5:00まで閉店。スーパーは24時間営業であれば営業を続けることが可能。
    これは、ここ数日の強盗発生や武装パトロールの後に行われた、安全を考慮してのもの。チョンブリーに限り、全国的なものではない。
  • ゴルフ場は状況が改善するまで完全に閉鎖。
  • デパートやショッピングモール内に出店可能なお店の追加がなされた。銀行、ATM、電話ショップ、3BBのような通信サービス、金融サービス、不動産ビジネスなどが出店できるようになりそう。
  • すべての工場は、ソーシャルディスタンスを置くポリシー・方針を守らなければならない。
  • 衛生基準に準拠していない、またはグループでの飲酒や社交を禁止していないレストランは閉鎖される。
  • スタッフのために宿泊施設提供を行う全てのビジネスは、適切な衛生基準に従う必要がある。
  • スタッフが病気になった場合、直ちに管轄に報告。

参照元 : The Pattaya News

先日の非常事態宣言がそのままパタヤで施行された、といったところでしょうか。

 

日本では3月26日に、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県で外出自粛要請が出されました。タイと同様、外出禁止令ではないものの、とにかく人を集めない、人ごみに行かないようにすることが求められています。

今はとにかく、これ以上の感染者増加を食い止めることが先決です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました