2018年1月旅行記4~番外編~「気がつけば香港」その4

旅行記

この記事は2018年1月旅行記4~番外編~ その3の続きです。

 

 

マカオから香港に戻ってきたタコヘー。有名店で間食のワンタンメンを食べ終えると、辺りが暗くなり夜の香港が顔を出し始めました。

明日はツアーの予定がなくフリーでいられるため、今夜は時間を気にすることなく夜の街を満喫することができます。

昨日に引き続き、夜景を見に行き、その後はなんと・・・!?そして、翌日はまた観光に行く予定です。

 

そこからの続きです。

 

※今回の記事は夜のお店の内容を含みます。 

スポンサーリンク

女人街へ 

時刻は19時を過ぎたところです。ホテルの近くにある女人街(ノイヤンガイ)という通りにやってきました。ここは屋台が数多く立ち並ぶ香港の有名スポットなのです。

時間は早めでしたが、多くの人々で溢れていました。現地人観光客どちらも満遍なく歩いているようでした。

メイン通りは屋台というよりもお店が中心に見えました。この雑多な感じは日本で例えると新宿秋葉原のような雰囲気です。

 

確かに人は多いけど、かなり都会的だな・・・。

 

そんなことを考えていましたが、一つ路地に入ってみると・・・

このように屋台の立ち並ぶ光景を見ることができました!

 

きたきた!この怪しい雰囲気は・・・パッポンか!?

怪しくて胡散臭い雰囲気はタイパッポンナイトマーケットにそっくりなのでした。 

売っているものも洋服バッグアクセサリー雑貨などで、やはりパッポンナイトマーケットを髣髴とさせる品目が多く並んでいました。

 

しかも、ここで並んでいるブランド品は・・・多分、全部ニセモノだろうな・・・。

 

パチモノが勢ぞろいしているところまで一緒です。ただ、タイとは違って屋台の人がしつこく声掛けをしてくることがありませんでした。

もしかすると、タコヘーが立ち止まらずにずっと歩いていたからかも知れませんけどね。

 

少し歩いただけでしたが、アジアの怪しい雰囲気を味わえて大満足でした!ただ、既にタイで同じような屋台を見てしまっていたので、残念ながら特に目を惹かれるものがなく、早めにその場を去ることとなりました。

場所はこの辺りです。

スポンサーリンク

夜景、再び

昨日に引き続き、ヴィクトリアハーバー沿いに来ました。目的は夜景を見ることです。昨日はヴィクトリアピークから見たので、今日は海沿いから見て楽しむことにました。

場所は昨日ブルース・リーの銅像を見たガーデン・オブ・スターズのすぐ近くです。

 

海沿いから見える夜景はどうなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何も遮るものがなく、向こう側のビル群がすごく綺麗に見えました!山の上から見るのとは違って、横に広い夜景を見ることができす。

海の向こうは見渡す限り一面の夜景が広がっていました。日本ではこんなに横に広い夜景を見たことがなかったので、感動してしまいました。

香港に来て一番の異国感を感じたのはこの瞬間だったかもしれません。

 

すごい綺麗で思わず見とれてしまったよ。気付いたら1時間はその場に立ち尽くしていたかな。

  

若干肌寒かったですが、そんなことは忘れてしばらく夜景を眺めていたのでした。

スポンサーリンク

あのマンションへ

時刻は21時を過ぎたところです。今日行っておきたかったところは大体回れました。特にやることがなくなったので香港で有名なあのマンションを攻めてみることにしました。

そのマンションとは・・・

 

 

ピンポンマンションです!

 

 

  • ピンポンマンションとは香港の夜遊びスポットで、マンション置屋ともいえます。
  • ここではオネーチャンがマンションの個室にいて、ドアに付いたベル(ピンポン)を鳴らすことで外に出てきます。気に入った子がいればそのまま個室に入って遊ぶことができるというシステムです。
  • ドアにはボードが掛けられていて「Welcome」もしくは「Please Wait」のどちらかの文字が書かれています。Welcomeボードが掛かっているドアだけピンポンしましょう。
  • 大体500HK$約6,750円)~700HK$約9,450円)が相場となっています。個別交渉も可能ですが、過度な値下げ交渉は嫌われます。
  • まずエレベーター一番上の階まで行き、階段を使って下りながら部屋を見ていくと効率が良いです。

 

調べてみたところ、いくつかマンションがあるようだったので、さっそく調査に出かけてみました。 

香檳大廈B座

自分がいるところから一番近かった香檳大廈B座から攻めてみることにしました。エレベーターを使って一番上の階まで行ってみたのですが・・・

 

 

辺り一面、真っ暗だぞ!?

 

 

エレベーターを降りた瞬間に待ちうけていたのは闇そのものでした。こんな暗い中をこのまま進んでいって大丈夫か?と思いながら恐る恐るフロアを歩いてみましたが、全く人の気配がありません。

 

部屋だったと思われるところはボロボロに朽ち果てており、浮浪者でも住んでいようものなら、誰にも気付かれず、そして助けを呼ぶこともできずに身包みはがされて、無事では済まなそうな気配がしました。

 

もうこれ以上進んだら危険だ!そう判断し、急いでエレベーターに乗って1階に下りたのでした。 

 

 

冷や汗かいたわ・・・。

 

 

ピンポンマンションってこんなに怖いものなのか?そう思いながらB座を後にしました。どうやら、ここは壊滅状態のようです。

地図上ではA座となっていますが、B座も同じ場所にあります。今は壊滅しているので行くことはないと思いますが・・・。

發利大廈

次はB座の近くにある發利大廈に来てみました。ここは入口を探すのに一苦労でした。

 

先ほどと同様に、エレベーター一番上の階まで上がっていくと・・・

 

 

おお!フロアがピンク色だ!

 

 

どうやら、ここはきちんと営業しているようでした。しかし・・・

 

 

Please Waitの看板ばっかりだ・・・。

 

 

来る時間が早すぎたのか、Welcomeボードが全然ありませんでした。ほぼ流れ作業で階段を下りていくと・・・

 

 

きた!Welcomeボード

 

押して・・・いいのか・・・?

 

 

めちゃめちゃ緊張しながらベルを押すと、

 

 

 

ピンポーン!

 

 

 

 

 

ガチャ!

 

 

 

 

 

ハロー!!(ニコッ)

 

(出てきた・・・!)

オ、オ・・・グッバイ!!

 

 

オネーチャンが出てきましたが、予想外に早くドアが開いたため、完全にビビって足早にその場を去ってしまうという失態を晒して終了したのでした。

 

それにしても部屋、めっちゃいい匂いだったな・・・。

 

視覚だけでなく、嗅覚にも訴えてとにかく入室を促そうとする工夫が感じられました。昔のラップ風に表現すると網膜じゃなく嗅覚に訴えかける部屋を創作!といったところでしょうか。

 

その後、階を下っていってもWelcomeボードは少ないうえ、Welcomeボードが掛かっているのにピンポンを押しても出てこない部屋があるなどで、あっという間に一階に戻ってきてしまいました。

全部の部屋を見ましたが、人が全然いないので退散することにしました。

場所はこちらです。

建興大廈

次はホテルの近くにある建興大廈にやってきました。ここに来た時には23時を回っていました。

 

マンション3つ目となればもう慣れたものです。さっそくエレベーターに乗り込みます。

 

すると・・・

 

 

めっちゃ人がいる!

 

 

エレベーターは同士で埋め尽くされ、あっという間に満員となったのでした。6人はいたでしょうか。そして、一番上の階に到着しエレベーターを降りると・・・

 

 

フロアも人だらけだ・・・!

 

 

エレベーターにあれだけ人数がいれば当然、フロアも同士で埋まっています。気恥ずかしい気分ではありましたが、ここは海外。怯むわけにはいきません。

 

まあ良いかとフロアを回ってみると、そこかしこにWelcomeボードがかかっているではありませんか!時間がちょうど良かったのでしょうか。やる気が燃え上がります。

 

さっそく、近くの部屋で先ほど覚えたばかりの必殺ピンポンを繰り出すことにしました。

 

 

 

 

 

ピンポーン!

 

 

 

ガチャ!

 

 

 

 

 

ハロー・・・。

 

 

 

・・・・。

・・・・・。

・・・・・・・・・。

 

 

自分がピンポンを押したのですが、なんと同士数人オネーチャンの顔を見に割り込んでくるのです。よく観察してみると、どの部屋でも同じようなことが起こっていました。

 

この状況で好みのオネーチャンが被ってしまった場合、一体どうするのでしょうか?これではいつ同士討ちが発生しても不思議ではありません。

 

 

これはアカンわ・・・。

 

 

とても落ち着いて遊べる雰囲気ではなかったので、早めに階段を下りて行くことにしました。

それでも、とりあえず目に付いたところはピンポンを押し、出てきたオネーチャン良い匂いのする部屋を堪能してから建興大廈を去ったのでした。

場所はこちらです。

 

 

 

結局いくつか回ってみたは良いものの、ピンポンマンションデビューは特に何もないまま本当に調査だけで終わったのでした。

 

その後はコンビニでお酒を買い、ホテルで飲んで眠りに付きました。これにて香港旅行2日目は終了です。

スポンサーリンク

香港旅行3日目 昼 

香港旅行3日目となりました。明日は朝早くに空港に行くため、実質本日が旅行最終日です。

今日は知人に会いに広東道(カントンロード)にやってきました。カントンロード尖沙咀(チムサーチョイ)の西側にある大通りで、ショッピングモールホテル有名ブランド店がなど立ち並んでいます。  

めちゃめちゃ大きくてスタイリッシュなお店があると思ったら、アップルストアでした。

タイでスマホを見た経験からスマホの値段は日本と変わらないのを知っていたので、お店に入ることはしませんでした。

 

誰もが知っているブランド品の値段は、多少の差はあれど世界各国共通なんだよな・・・。

 

※余談ですが、日本国内で「技適マーク」のない海外製スマホを使うことは電波法により禁止されています(訪日外国人は90日以内に限って利用可能の特例あり)。利用の際は十分に注意しましょう。

スポンサーリンク

知人と昼食へ

知人と無事に合流した後は、昼食を食べにショッピングモールの中にある鼎泰豊(ディンタイフォン)という天心料理屋にやってきました。

元々は台湾台北市で創業したお店です。このお店は小籠包で有名になったとの案内が書かれていました。

さっそく小籠包を食べてみると・・・

 

肉汁が熱すぎる!!!

 

期待を裏切らずアッツアツでした。しかし、その肉汁の美味いこと美味いこと!肉の旨みが凝縮されていて最高でした。スープだけを持って帰りたくなるほどです。

 

本場の中華ってこんなすごいのか!

 

えらく感激したのを覚えています。

それから、オススメだという豚肉とエビのシュウマイを食べました。しっかり肉の味がするのに加え、エビのプリプリ感を味わうことができ美味しかったです。

他にもチャーハン青菜など、目に付くメニューは大体頼みました。回るテーブルを駆使して様々な料理を食べまくり、かなりお腹がいっぱいです。

 

お会計の詳細は忘れてしまいましたが、3人で約8,000円となかなか良い値段でした。ここが高級店の部類なのか、それとも香港の食費が高いのか、普段なら気になるところですが値段相応分に美味しかったので全く構わないのでした。

 

鼎泰豊(ディンタイフォン)は日本でも首都圏中心に店舗を展開しているようです。

スポンサーリンク

香港島へ向かう

知人の勧めで、地下鉄ではなくフェリーを使って香港島に行くと景色が楽しめて良いとの情報をもらいました。

カントンロードから少し歩いたところにフェリー乗り場があるとのことで、さっそく乗ってみることにしました。このフェリーはスターフェリーという名前でした。

2.7HK$約37円)を支払い、フェリーに乗り込みます。残念ながら知人とはここでお別れです。

フェリーは進行速度がかなりゆっくりだったので、全く揺れることはなく、船酔いしやすいタコヘーでもノーダメージで乗ることができました。

船からの景色です。遮るものが何もないのでビルが丸見えです!マカオに行く時にも似たような景色を見た気がしますが、船の速さが全然違うため非常にゆったりした気分でビル群を堪能することができました。

約10分でフェリーは向こう岸(香港島)に到着しました。船着場を下りると香港摩天輪と呼ばれる観覧車が見えました。ここはAIAバイタリティパークという公園のようです。

フェリーはここから乗ることができます。

スポンサーリンク

その5へ続く

今回はここまでです!

 

ピンポンマンションに潜入したは良いものの、何事もなく翌朝を迎えたタコヘー。旅行は3日目を迎えました。

知人との昼食を済ませ、スターフェリーで香港島へ降り立った後はいくつか観光地を巡る予定です!そして、夜は・・・?

 

次回で最終回となります!

スポンサーリンク
旅行記
この記事をシェアする
そうだ、パタヤに帰ろう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました