2018年8月タイ旅行記5「ワイワイタイ旅行~邂逅~」その3 友人はどこへ・・・?

旅行記

この記事は2018年8月タイ旅行記5 その2の続きです。

 

 

男3人タイ旅行がスタート!バンコク夜の街であるソイカウボーイテーメーカフェを楽しんだ男3人。それぞれが思い思いの楽しみ方をした後、ホテルに帰還します。

 

・・・しかし、初日の夜からなんと夜の街に遊びに出た友人一人が帰ってこないという事態が起こってしまったのです。

 

果たして友人はどこへ・・・!?

 

翌日はバンコク観光をし、終わった後はパタヤに向かう予定となっています。この状況でパタヤに向かうことはできるのでしょうか?

 

そこからの続きです。

 

※今回の記事は夜のお店の内容を含みます。

スポンサーリンク

夜が更けてゆく

さすがに3時を過ぎると、疲れもあってまどろんでしまい、完全に寝入っていました。

 

 

朝になっても帰ってこなかったらマジで問題だぞ・・・。

 

 

それでも、心配なので寝て起きてをずっと繰り返していました。

 

しかし、何度確認しても友人は戻ってきていません。

 

 

いよいよマズいな。本当にどうしよう・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、突然!

 

 

 

 

 

 

 

 

ガチャ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

 

 

なんと、友人が帰ってきたのです!

 

 

どうした!?マジでめっちゃ心配したぞ!大丈夫だった?

 

心配かけてすまん。大丈夫だよ。

 

 

無事だったことにひたすら安堵します。

 

 

探しに行こうにも何も手がかりがないし、どうしようかと思ってたんだよ!一体、何があったの?

 

いやー実は、テーメーで知り合った子が・・・。

 

 

友人が詳細を語り始めました。 

 

 

 

テーメーカフェでつかまえた子とホテルで遊んだそうなのですが・・・その子は無類の日本人好きだったこともあり、どうやら友人は相当気に入られてしまったようでした。

 

一通り楽しんだようですが、それだけでは終わらなかったのです。

 

なんと、部屋に招待されてさらに遊んできたのでした!

 

しかも、部屋に行っただけでは飽きたらず、その子ので一晩中ドライブして遊び、今やっとホテルに送ってもらった・・・というのが、ことの顛末だそうです。

 

 

 

 

 

つまり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただただ遊び尽くして朝帰りしただけだったのでした。

 

 

おいおい・・・

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ満喫してるやんけ!初日からぶっ壊れすぎだろ!

 

 

タイ、マジで最高だわ!!!

 

 

友人のあまりのアクセル全開っぷり度肝を抜かれました。今思えば、コカトゥーに行ったあたりからその片鱗を垣間見せていたのでしょう。

いくらタイに来たことがある人間と一緒とはいえ、初日からこの遊び方ができるでしょうか?タコヘーにはとてもできません。物怖じのしなさに加え、素晴らしい行動力です。

 

 

もしや、とんでもない奴をタイに連れてきちまったんじゃないか・・・?

 

 

日本の眠れる獅子をタイに運び込み、起こしてしまったのかもしれません。

 

とはいえ、無事に戻ってきてくれて本当にホッとしました。その安心感からか、気がつけばいつの間にか眠りに落ちていました。時刻は朝5時を過ぎていました。

スポンサーリンク

タイ旅行2日目

翌日は8時過ぎには観光に出かけました。

 

 

ねっみー・・・。

 

 

朝帰りした友人はとても眠そうでしたが、あれだけ楽しんできたのですから自業自得です。構わず観光していきます!

ワット・ポー

バンコク観光の定番、ワット・ポーにやってきました。タコヘーにとっては1年振り3回目のワット・ポーです。

さすがに3回目ともなると慣れたものです。ある程度の知識もあるので、簡易的なガイド役として友人達を案内することができます。 

足の裏で記念写真を撮りました。つい数時間前まであんなに煩悩にまみれていたというのに、朝になると何事もなかったかのように真面目に観光しているというギャップがたまりません。

 

 

ここは正にタイって感じがする場所だね!心が落ち着くわー。

 

 

これが朝帰りしてきた人間なのでしょうか!?

 

 

・・・もしや、別人が帰ってきてしまったのでは!?

 

 

そう思えるほど今の時間の友人はすっかり真面目になってしまっていました。

 

人間、誰しもが表の顔裏の顔を持っているのです。もちろんそれは友人だけでなく、タコヘーも例外ではありません・・・。

 

 

うーん、深い・・・。

 

 

ワット・アルン

その足でワット・アルンへ行き、素晴らしい質感のを眺めます。

 

 

タイのこの感じ、いいなぁ・・・。日本では味わえない雰囲気があるよね。

 

 

どうやら、友人はかなり気に入ってくれたようでした。これでこそ連れて来た甲斐があったというものです。

本来、この塔の白色は青空に映えるのですが、本日は曇天でそれを味わえないのが残念でした。

  

この後はワット・プラケオに行こうと思っていましたが、昨日の疲れが抜けなかったこと、この2つの観光地で友人達は満足だとのことから、約2時間の観光を終えてホテルに戻ることにしました。

スポンサーリンク

タクシーでの出来事

ワット・ポー周辺を走っているタクシーを拾って、宿泊しているホテルまで送ってくれるように交渉をしました。運ちゃんは場所が分からない様子だったので、ナナ駅を目安にして欲しいと伝えます。

 

 

ナナステーション?スリーパーソンズ、300バーツOK!?

 

いや、メーター使わないなら他を探すから乗らないよ。

 

OK!OK!ユーズメーターOK!!

 

 

無事に交渉が成立し、タクシーはナナ駅に向かって走り始めました。

 

 

すると、数分走ったところで異変が起こったのです。

 

 

 

・・・ピッ!

 

 

 

タクシーの運ちゃんが無言でメーターを止めたかと思うと、

 

 

ナナステーション、300バーツOK!?

 

 

なんと、再び交渉を始めたのです。既にタクシーが走り始めているにもかかわらずです。

 

 

いいから、もう一度メーターを押して。

 

No!300バーツOK?

 

No!

 

No!!!

 

ノー!!!!!

 

 

ここで、これまで静かにしていた友人がブチ切れました。無理もありません。 

なぜなら、この運ちゃんは大きなルール違反を犯したからです。

 

あちらも商売でしょうから、タクシー料金の交渉は大いに結構です。観光客だと舐められて吹っかけられたとしても、ここはタイなので全く気にしません。状況によっては、料金がいつもより多少高かったとしても乗るケースはあります。

 

しかし、一度交渉が成立して、客が乗車してから約束を反故にすることは絶対にあってはいけません。

 

何ムキになってるんだ?と思うかもしれませんが、自分の求める条件を通したいのであれば、最初に納得させるべきなのではないでしょうか。商売の原理原則を無視した行為といわざるを得ません。

買い物で商品をレジに通した後に値段が変わり、追加料金を取る国がどこにあるでしょうか?そんなことはあり得ませんよね。

故に、これはあってはならないことなのです。

 

 

友人はマジで怒っていて、それを察したタクシー運ちゃんはひとことも言葉を発しなくなりました。

無言で再びメーターのスイッチが入れられたのですが・・・

 

 

もうええわ。降りよう。

 

 

本来の目的地であるナナ駅の手前でしたが、BTS沿いまで来ていたので途中でタクシーを降りることにしました。

メーターを押したときに加算される初乗り運賃二重に請求されましたが、おかしいと伝えても運ちゃんは全く聞き入れる様子がありません。時間の無駄だったので結局は何もいわずに支払いました。

 

 

ありえないタクシーに当たったね。普段はこんなのないよ。こりゃ、マジで災難だったわ。

 

 

結局、途中からはBTSに乗ってホテルに無事に到着しました。

 

楽しかったバンコク観光でしたが、残念ながら最後の最後で非常に嫌な思いをすることになってしまったのでした。

 

 

こういうことがあるのも含めてタイの醍醐味だと思ってくれ・・・。

 

  

その後、タイでは何度もタクシーに乗りましたが、乗車後に条件を変えてくるタクシーにはこれ以来遭遇したことがありません。

スポンサーリンク

パタヤへGO

ホテルをチェックアウトし、BTSに乗ってエカマイ駅に向かいます。エカマイバスターミナルから出ているパタヤ行きのバスを利用するためです。

 

バスは友人2人が隣同士で、タコヘーがそこから離れた席になりました。

 

 

・・・。

 

・・・・・。

 

・・・・・・・・・・。

 

 

昨日の疲れもあってか車内では全員、完全に沈黙していました。爆睡していたともいいます。 

スポンサーリンク

ソンテウでの話

バスに乗ること約2時間パタヤに到着しました。ノースバスターミナルから出ているソンテウに乗ってホテルを目指します。

 

その道中・・・

※画像はイメージです。

 

 

おいおい、なんだこの景色。パタヤ、大丈夫か・・・?

 

・・・ヤバイな。

 

 

ホテルを経由してくれるソンテウは目的地によってルートを変えて向かってくれます。今回は相当な裏道を通ったみたいで、ソンテウの走り始めには見渡す限り草むらと更地が広がっていたのでした。

 

スクンビットロードサードロードの間には荒れた景色が広がっている場所がありますよね。これを見た友人達は秘境の地へ連れてこられてしまったのではないかと不安になったようです。

 

 

ふっふっふ・・・。

 

 

そんな友人達の気をよそに、ソンテウはホテルまでの道のりを着々と進んでいくのでした。

スポンサーリンク

その4へ続く

今回はここまでです!

 

友人のものすごい行動力度肝を抜かれたタコヘーでしたが、男3人はバンコク滞在を終えて無事にパタヤに到着することができました。

これからホテルへチェックインするのですが、友人達の反応はどんなものでしょうか?

 

パタヤでの目的はとにかく遊ぶことです!パタヤの街を案内するため、タコヘーと友人達は街を歩き回ります。

そこで、衝撃的な出会いが待ち受けているのですが、この時はまだ知る由もありません・・・。

コメント

  1. ケンケン より:

    今回も楽しかったです。帰ってこなかった友達はテーメー嬢とよろしくやっていたんですね。うらやましいかぎりです。自分も次回行った際には同じようなハプニングが起きないかなと妄想してしまいます。早く行きタイです。

    • タコヘータコヘー より:

      ケンケンさん

      いつもコメントありがとうございます!
      そうなんです。めっちゃ心配したのに、真相は遊び尽くしていただけなのでした(笑)初回からなんとも羨ましい展開ですよね!
      こういう一期一会の出会いで良くしてくれることがあるのがタイの特徴かもしれませんねー!

      自分も早く行きたいとずっと思っています。もし、ケンケンさんが次回タイに行った時は良い子にめぐり合えると良いですね!色々想像が膨らみます・・・。

      またブログ読んでください!よろしくお願いします!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました