アユタヤエレファントパレスで象に乗ってみよう!(アユタヤ番外編)

観光スポット

タイといえば・・・ですよね!ビルマとの戦時中に象が大活躍するなど、昔からタイでは象は特別な存在だといわれています。ちなみに、タイで有名なビール「チャンビール」のチャンという意味です。

 

今回はアユタヤ番外編として、Ayutthaya Elephant Palace(アユタヤ エレファント パレス)をご紹介します!アユタヤエレファントキャンとも呼ばれています。ここでは象に乗って楽しむことができます!

アユタヤ遺跡に観光に来た際には是非寄っておきたいスポットです! 

  

アユタヤ遺跡のご紹介はこちらから!

スポンサーリンク

場所・行き方

アユタヤ県にあります。バンコク中心部からは北に約80km離れています。アユタヤ遺跡群にあるため、遺跡観光をしながらでも立ち寄ることが可能です!

車で約1~1時間30分で到着します。基本的には車をチャーターして移動することになるでしょう。

電車で行くことも可能です。Hua Lamphong(フアランポーン)駅から乗車し、Ayutthaya(アユタヤ)駅に向かってください。所要時間は約1時間30分です。

他には、チャトゥチャックミニバスターミナル(モーチットバスターミナル向かい)からロットゥーで行くことも可能なようですが、未確認です。

 

今回はVELTRAオプショナルツアーを利用しての旅行でした!7時に宿泊ホテルまで迎えに来てもらい、快適な旅行ができました。

スポンサーリンク

アユタヤエレファントパレスの様子

道路から見たエレファントパレス

外からの様子です。道を走っていると、突然「象の群れ」が見えてきます。ここがエレファントパレスです!

入口付近

入口付近の様子です。象のエサを販売している屋台アイスクリームのケース飲料の自動販売機などが並んでいます。右側にはチケット売り場が見えます。

ここで気になるのが自動販売機です!そもそも、タイでは自動販売機を見ることが少ないため、すごく珍しく感じました。

それにしてもこの自動販売機・・・入金口周りに書かれた日本語販売中の文字などから、日本製の自動販売機と見て間違いないでしょう!

 

見ると安心する、この形状!

 

全て20バーツ約70円)で販売されていました。タイは暑いので、ここで水分補給をすると良いでしょう!

チケット売り場

こちらがチケット売り場です。今回、タコヘーはツアーで行ったのでチケットを買うことはありませんでした。

チケットを購入する時の料金は以下の通りです。

  • 基本コース – 400バーツ(約1,400円)
  • ロングコース – 500バーツ(約1,750円)

※基本コースは約15分、ロングコースは約20分です。

今回は基本コースで乗ってきましたが、それでも十分楽しめました!わざわざロングコースを選ぶ必要はないと思います。

象乗り場

チケットを購入してここまで来ると、すぐ近くにが見えます!大きい象、小さい象、本当に様々な象がいます。

日本では象をこんなに間近で見る機会はないので、それだけでも大興奮です!想像していたよりも大きいな、というのが感想です。

象乗り場の手前には注意書きがあります。日本語で注意書きが書かれていますので、よく読んで書かれていることを守って乗りましょう!

右側に階段が見えますが、こちらを上るとそこがもう象乗り場です!あとは順番が来るのを待つだけです!

象に乗ってみた!

いよいよ、象に乗る順番が回ってきました!赤い座席に座りましょう!象まで少し遠いですが、手前にいるおばちゃんが手伝ってくれるので初めてでも安心して乗ることができます!

なんとか無事に乗ることができ、動き出しました!そこで、まず思ったのが・・・

 

上下にめっちゃ揺れる!

 

ものすごく揺れます!上下に揺れます!これは今までに経験したことがない揺れでした。

象遣いは首に名札をつけているので、何か話したい時は呼んであげると良いでしょう。

足元にはすぐ象の肌があります。これが見えてしまったら・・・当然、触ってみたくなりますよね!

恐る恐る触ってみました・・・。

 

皮が厚くて、ぶよぶよしてた!

 

こんな感想しかでなくてすみません。皆さんも象に乗ったときは、是非触ってみてください!

道路をに向かって歩いていきます。車が走っているすぐ横を当然のように歩きます。日本では道路にが歩いていたら大騒ぎになりますが、ここアユタヤでは日常茶飯事です!

電線に当たらないかヒヤヒヤしますが、そこはさすがの象遣い、上手く避けていきます。

この辺りでだんだん慣れてくると思います。すると、アユタヤの風景優雅に楽しむことができるようになってきます!さすがアユタヤ、周りには素晴らしい景色が広がっています!

奥に見えるワット・プララームという名前の寺院です。アユタヤ王朝初期に建てられたものです。クメール様式の塔堂が中央にあり、そのほかに7つの礼拝堂の跡が見られるとのことです。

その周りにある池はブン・プラ・ラーム池と呼ばれており、今は公園となっています。

 

ここで折り返し、象乗り場へと戻っていきます。

約20分のフライト(?)を終えて、無事に帰ってきたのでした!

 

象に乗った後は、途中で撮ってくれた写真を購入することができます。料金は大きさにより異なりますが、大きい写真が370バーツ、小さい写真が320バーツです。

観光地に行くと写真を売り物しているところが多々見られます。実際、こういう写真買う人いるのかな?と思いますよね。

 

バッチリ買って来たぜ・・・!

 

まさか、タイに何度も来るようになるとは思わなかったので、思い出作りのために写真を購入したのでした!

 

 

・・・1人で写っている写真でしたが。

 

その後、2回ほど象に乗る機会がありました。さすがにその2回は写真は買っていません。

とはいえ、たまに見返すとその時のことが思い出されることは確かなので、興味がある方は買って帰ると良いでしょう!

まとめ

アユタヤエレファントパレスのご紹介でした!タイで象に乗れる数少ないスポットのうちの一つです。

特にここは、アユタヤ遺跡を観光しながらでも寄ることができるので、象に一度は乗りたい!という方は行ってみることをオススメします!

 

ちなみに・・・

 

象遣いにチップは不要!と書かれているけど、ものすごい勢いでチップを要求されたよ・・・。

  

左の看板に「象遣いにチップは不要です」と書かれているのが見えるでしょうか。チップを渡すこと自体は別に構わないのですが、正直、混乱してかなり困りました。

こういう注意書きがあるにも関わらず、チップを要求されました。つまり、チップは必要!ということなのでしょうか。

・・・当然、いくら考えてみても答えは出ないのでした。

 

って、よく見たら消されてるじゃねーか!

これがタイのタイらしいところ!チップは気持ち! 

 

バンコク(から北80km)も最高ー!!

 

 

基本情報

住所 : 番地不明

営業時間 : 9:00~17:00

料金 : 基本コース – 400バーツ、ロングコース – 500バーツ

 

 

アユタヤ遺跡のご紹介はこちらから!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました