2017年11月タイ旅行記3「パタヤトリップ~遭遇~」その5終 パタヤラストナイト!

旅行記

この記事は2017年11月タイ旅行記3 その4の続きです。

 

 

タイ旅行2日目、無事にパタヤに帰還しフェイシャルマッサージを堪能した後、知人の友人達と夕食を楽しんだタコヘー。

夕食を終え、いよいよパタヤの夜の街へと繰り出していくのでした・・・。

 

そこからの続きです。

 

※今回の記事は夜のお店の内容を含みます。

スポンサーリンク

ウォーキングストリートへ

パタヤビアガーデンを出て向かったのはもちろんウォーキングストリートです。時刻はまだ20時です。それにしても、ものすごい人の量です。やはりいつでもここは盛り上がっていますね!

 

ウォーキングストリートでの遊びといえば・・・

 

 

 

 

 

そうです、ゴーゴーバーですよね!

 

 

ここでは、パタヤスペシャリスト達によるオススメのお店を回ることになりました。どうやら、良く行くお店を順番に回っていくようでした。

 

まずはバカラに入店します。パタヤにもソイカウボーイで見慣れたバカラがあり、なぜか嬉しくなってしまいました。

店内の造り照明の色などがバンコクのバカラと似ていて、すごく安心したのを覚えています。

 

スペシャリスト達の遊び方は、店内に入り着席後オネーチャンを物色、気に入った子がいればノータイム召還という、男らしさ溢れるものでした。

 

あの子、呼んでみようかな・・・どうしようかな・・・なんて、ウジウジ悩んでいる自分とはスピード感がまるで違う!

 

そして、オネーチャンの着席後はレディドリンクをガンガン奢っていく、ストロングスタイルです。何杯飲ませたから、これでいくらだろうか?なんてことは微塵も気にしていないようでした。

  

君は初めてパタヤに来たのかい?ここに来たら恥ずかしさは捨てないと楽しめないよ。

  

勉強になります!(そこまでの領域には達せていないな・・・)

 

知人の友人(達人としておきます)から話しかけられ、アドバイスをもらいます。

 

 

バカラを出た後はハッピーに直行です。ここでは入店して左奥の席に座ったと記憶しています。ここでも席に着いた途端、オネーチャン達を横に付け、ガンガン酒盛りをして楽しみます。

入店した瞬間からフルスロットルのこの遊び方は、時間の限られている旅行者にとっては非常に合理的な遊び方かもしれませんね。 

 

その後は、センセーションズアイアンクラブなどを回りました。

スポンサーリンク

異変が・・・!

何件かゴーゴーバーをはしごしているうちに、とある異変に気付きました。

 

スペシャリスト達のがだんだん減っている・・・!

 

ノータイム即決がモットーのスペシャリスト達は、気に入った子がいると迷わずペイバー(連れ出し)して各々が好きなタイミングで解散していたのでした。

最初は自分を含めて総勢7人で遊んでいたのですが、1人、また1人と消えていき、気付けば残っているのは3名となっていました。

 

僕も今日はここで解散するかな。また明日ね!

明日は朝一番で空港に行くから、6時にはフロントに来ないと置いていくからねー!その時はこのままパタヤに住むことだね。

 

ここで知人も夜の雑踏へと消えていくことになりました。残ったのは達人タコヘーの2名です。

 

タコヘー君、楽しんでるかい?せっかくゴーゴーバーに行ったなら、女の子を横に付けて話さなきゃ、何も始まらないよ!

 

それが、昨日MPで・・・なことがあって、なかなか一歩が踏み出せないんですよね・・・。

 

仕方ない、付き合ってあげるからこの後は僕と一緒に回ろうか!

 

そして再びウォーキングストリートを歩き始めました。 

途中、バーの前を闊歩しているを見つけたのですが、  

これがまた可愛くてすごく癒されました。ピンクの照明セクシーなポーズがウォーキングストリートを象徴しているようでした。

 

 

その足でスカイフォールに入店しました。しかし・・・

 

ダメだ・・・どの子にしようか決まらない・・・。

 

達人のサポートがあるにもかかわらず、ここでも積極的になれない自分がいたのでした。

 

ゴーゴーバーはバーファインもチップも高いし、そんな簡単に選べないんですよね・・・。

 

それが心配だったの?じゃあ、ソイ6に行ってみようか!

 

ウォーキングストリートを出て、ソイ6に向かうことになりました。

ソイ6へ

聞いてみると、達人も同じホテルに泊まっているようでした。帰り道的にもちょうど良かったようです。

 

ソイ6ってどんなところなんですか?昨日は少し歩いただけなんですよね。

 

バーにいるオネーチャンと遊べるところだよ。

ゴーゴーバーほど派手じゃないし、料金も安いんだけど・・・可愛い子を探すのが大変かもね。

 

そうこうしている内にソイ6に到着し、適当なバービアに入店します。確かに達人のいうように、ゴーゴーバーほど派手でうるさくはなく、オネーチャンもすぐ近くにいるため手ごろな感じがします。

  

なんか、マッタリしていてよい感じですね!

でも、ピンと来る子がいないです・・・。

 

まだ1件目だからね。色々回ってみるといいさ。

とりあえず、今日は君がオネーチャンを決めるまで一緒にいてあげるよ。

 

今日初対面だというのに、神がかり的に良い人だなー!!!

 

こんなウジウジしている奴にずっとついてきてくれる達人はものすごく良い人だったのでした!

 

ソイ6のバービアはなかなか良いところでした。特に、外を見ながらお酒が飲める開放的な雰囲気が自分には合っていて、すぐに気に入りました

 

通りを歩いている際、呼び込みにキャーキャーいわれるのも、ほろ酔い気分の時には面白くてたまりません。

最終的に

さすがに時間が遅くなってきました。こんなに一緒に回ってもらったにもかかわらず、何も決めずに帰ったら達人に失礼すぎること、ものすごく気分が乗ってきたこともあり、2件目のバーで横につけたオネーチャンと遊ぶことに決めたのでした!

ここまで背中を押してもらい、フルアシストをしてくれた達人には大感謝です!

 

僕、この子と遊んできます!

 

やっと決めたか!よっしゃ、行って来い!

ここで解散ね!楽しんできなよー。

 

レッツゴーアップステアーズ、ナ!

 

初めてのソイ6でゴーアップデビューを果たしたのでした。ここで達人とはお別れです。

 

ここで驚いたのは、ソイ6のチップの相場でした。オネーチャンからはバーファイン300バーツチップ1,000バーツ合計1,300バーツと聞いていました。

当初、これは基本料金みたいなものでMPと同様に後から色々取られるのかと思っていました。

しかし、本当に飲み代を除いて総額1,300バーツで済んでしまったのです。

 

追加料金も何もなし!?もしやソイ6って最高なんじゃないか・・・?

 

ここで初めて、ホテルにチェックインした時に知人から聞いた、

ここはとにかく立地が素晴らしいんだよ!

という言葉が理解できたのでした。無情にも、帰国前日(実際は日付が変わっていたので当日)の出来事でした。

 

ちなみに、ゴーアップの内容に関しては特筆すべきことはなく、普通に楽しめました。何事も普通が一番ですよね!

 

オネーチャンを横につけてしばらく話をしてから遊べる分、ハズレを引く可能性を下げることができるのがソイ6の特徴だと思います。

ホテルに帰還

やることを終え、無事にホテルに帰還しました。ソイ6から歩くだけなので、ものの数分で戻ることができました。時刻は2時です。

明日は帰国のため、5時には起きて帰国の準備をし、6時にフロントに集合しなければなりません。

一日の疲れもあり、ホテルに帰ってきたと同時にベッドに横になったのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うるさすぎて寝られねー!!!

 

ソイ6でカラオケ大会(?)が行われていたため、夜通し大音量の音楽歌声が流れてきます。

不運にもホテルの部屋がソイ6の真向かいだったため、もろにその影響を受けてしまい、全く寝ることができないのでした。

 

今、ソイ6のバービアは1時にはきっちりクローズするようですが、以前は非常に緩く、閉店時間はお店によりまちまちだったようです。この日は2時を過ぎても大盛り上がりでした!

 

最後の最後までパタヤの陽気さに触れることができ、大満足!!!

 

 

・・・なわけねーだろ!眠いわ!

 

 

タイ旅行最終日 帰国日

それでも、気がつけば少しは眠っていたようです。あっという間に5時のアラームが鳴り、重い身体を無理矢理に起こしました。

帰る準備を終え、バルコニーからパタヤ最後の景色を楽しみました。さすがに6時ともなるとソイ6といえども明かりが灯っていませんね。

だんだんと夜が明け始めています。色々あったパタヤ旅行ですが、思い返せばあっという間でした。この景色を見ていて浮かんだのは、

 

本当に楽しかった!パタヤは最高な場所だった。帰るのが名残惜しすぎる・・・。

 

という、強い寂しさでした。

 

フロントに行くと、無情にも迎えのタクシーがやってきてしまいました。タクシーに乗り込むと、睡眠不足の疲れと、これから帰国するという喪失感もあってか、すぐに眠ってしまいました。

空港に到着

スワンナプーム国際空港に到着してからは帰国に向けて一直線です。淡々と手続きが進んでいきます。

飛行機へのチェックイン、荷物預け、出国審査をビジネスクラスの特権でスムーズに終えると、往路と同様にサクララウンジに入り込みました。

日本と比べると少し小さめではありましたが、それでも十分に満足できるラウンジでした。

和食のおかずとサクララウンジ名物のカレーを食べ、これで帰る準備はバッチリです!強いていえば、心の準備だけがいつまでたってもできないといったところでしょうか。

機内へ

時間が来てしまいましたので、機内に乗り込んでいきます。もちろん、今回はに歩いていくことが可能です。

機材は往路と全く同じ、シェルフラットシートでした。もう慣れたもので、機材には特に驚くこともありません。

しかし、豪華な昼食には驚かざるを得ません。とても機内で出てくる食事とは思えないレベルです!

疲れた身体に白米味噌汁が最高です。

締めのデザートを食べたところで、いよいよ今回の旅行も締めとなるのでした!

 

その後は横になって寝ていたところ、気がつくと飛行機は着陸態勢に入っており、あっという間に羽田空港に到着しました。

旅の終わり

入国審査、荷物回収を終えると時刻は18時です。茫然自失状態だったため、その後のことは詳しく覚えていませんが、公共交通機関を乗り継ぎ無事に自宅に到着したのでした!

 

  

 

素晴らしく充実しており、大満足のパタヤ旅行でした!!! 

 

 

 

夢のような時間は短く感じるものです。

残念ながら現実に戻ってきてしまいました。

 

でも、こういう気持ちがあるからこそ、普段の何気ない生活の中に豊かさが生まれるのではないでしょうか。

 

 

  

これにて、今回のパタヤトリップは終了です! 

終わりに

5回にわたって投稿してきました、2017年11月タイ旅行記3はこれにて終了です!今回も長くなりましたが、最後までご覧いただき、本当にありがとうございました!

 

今回は初めてパタヤを拠点にタイへ遊びに行った時の話でした。この話はプロフィール詳細にも一部を載せているのですが、今回ようやくその詳細を記事にすることができました。

 

初めてのタイ旅行(タイ旅行記1 その5)でもパタヤには行きましたが、印象は最悪でした。しかし今回、その時とは全く様子の違うパタヤを見て、完全にそのになってしまったのでした。

 

知人にタイ旅行の話をしていなければパタヤに行くことはなかったと思います。正直、パタヤには二度と行きたくないとさえ思っていました。

加えて、今回はビジネスクラスでの移動だったため、旅費だけで約20万円かかることが分かっていました。金銭的な問題から誘いを断ることも十分にあり得ました。

 

しかし、最終的には誘いに乗り、パタヤに行ったわけです。偶然、休みの取れる日程だったこと、ビジネスクラスへの単純な興味人に誘ってもらえたこと(実際はこれが一番大きかった)など、様々な偶然や思案が重なって導き出された結論でした。

 

そして結果的に、パタヤの印象は最悪から最高へと変化することになりました。これが今回のタイトルにしている、パタヤとの「遭遇」です。

 

 

 

この旅行以来、空いている日程を探しては航空券ホテルをチェックするほどに、パタヤに魅せられてしまいました。初めてタイに行った時もそうでしたが、今回はそれ以上の衝撃でした。

 

嫌なことがあっても、ストレスを大発散する場として「パタヤ」がある。これを知ることができ、人生が変わったといっても過言ではありません。

 

最後に、こんなに楽しい場所があると教えてくれた知人知人の友人(達人)には感謝してもしきれません。仮に何十年経ったとしても、パタヤに来るたびに、自身のパタヤルーツである、知人との旅行思い出すのでしょう。

知人とは今は時間が合わなくなってしまい、一緒に旅行には行けないのですが、またいつか一緒に行ける日が来ることを願っています。

達人とはこの旅行以来お会いしていないのですが、またあってどこかで会うことができた時は、少しは成長した(?)自分を見せられるのではないかと思っています。

 

このように、色々な人との出会いがあるパタヤは本当に最高です!

 

この旅行記を読んでいただき、パタヤの魅力や面白さが少しでも皆様に伝われば幸いです。ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました!

コメント

  1. Takao より:

    タコへーさん、こんばんわ~!

    ついにパタヤソイ6ゴーアップデビュー!!おめでとうございますww

    ゴーゴーとバービア、予算と女の子のレベル、どこを重視するかですよね~
    毎晩遊ぶとなるとゴーゴーは予算がパンクしてしまうけど、たしかにレベルは高いし・・

    最近の私は、8:2でバービア重視でしょうか。
    お酒飲むのが好きなんで、夕暮れ頃からバービアでまったりするのが最高の贅沢ですね。

    しかし、タイでこんな生活してると帰国してから元に戻るのが大変ですよね!
    身心ともに日本のリズムに戻るのに苦労してますww

    今年は2月の訪タイの一回で終わりそうですが、来年こそはまたふつうにタイへ行けるようになってほしいですよね!

    また引き続き楽しいブログ、楽しみにしてますっ!!

    P.S.パタヤビアガーデンの記事、拝読させていただきました。参考になりましたよ~ありがとうございました。

    • タコヘータコヘー より:

      Takaoさん

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      今回は現地でのアテンドがあって、背中を押されまくってのことでしたが、何とか楽しんでくることができました!
      ただ、得意技のビビリも如何なく発揮してしまいましたが・・・(笑)

      ゴーゴーバーはチップもバーファインも上昇傾向にあって、正直払えないです。パンクしてしまいますね・・・。今はドラフトビールを飲み、目の保養をする場として利用しています。
      あと、ゴーゴーバーは店内の音楽がデカすぎて話が聞き取りづらいのが難点ですね。
      なので、自分もTakaoさんと同じく8:2でバービアで遊んでいます!冷房は効いていませんが、それもまた乙なものです。夕暮れから夜にかけてマッタリするの、本当に最高ですよねー。

      確かに、パタヤに行くと「朝運動→昼食→マッサージ→飽きるまで飲む」というのを繰り返しますので、日本に帰ってきたときに夢だったかのような感覚に陥ります。
      日本では同じようなことはできませんからね。リズムを戻すのも一苦労です。

      同じく、こちらも今年の1月に行ったパタヤで終わってしまいそうです。来年、どんなに遅くても再来年にはまた通常通り遊びたいものですね!

      いつもありがとうございます!またぜひ遊びに来てくださいね!!

      P.S.パタヤビアガーデンの記事、参考になったようで嬉しいです!また行った際にはアップデートしたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いします!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました