2018年8月タイ旅行記5「ワイワイタイ旅行~邂逅~」その1 男3人バンコクへ

旅行記

2018年1月香港・パタヤ旅行を終えてから早数ヶ月。タコヘーの頭の中は次のパタヤ行きのことでいっぱいです。

 

時間が経ち気が付けば4月になりました。それはとある日に色々苦難があって私生活が荒れ模様の友人と飲んでいた時のことです。

 

 

あんまり気を落とすなよ・・・。そうそう、タイパタヤがとにかくめっちゃ楽しくて、気分転換になる場所なんだよ!

特にがやばすぎる。一度は経験しておくと良いんじゃないかな?今度は夏ごろに行こうと思ってるんだけど、一緒に行くかい?

 

タイかぁ・・・。せっかくだし、一度行ってみるかぁ・・・。

 

 

友人を次のパタヤ旅行に誘ってみたところ、興味あり!(?)とのことであっさりと一緒に行くことが決まったのでした。

 

このパタヤ旅行では予期せぬ出会いがありました。それはタコヘーにとって、今後のパタヤでの動き方が大きく変わる出来事となったのです。

一体、何があったのでしょうか・・・!?

 

 

今回はタイ旅行記5ということで、タコヘー5回目のタイ旅行での出来事を何回かに分けて紹介していきたいと思います。今のところ5~6回に分けて投稿することを予定しています!

 

前回のタイ旅行記、番外編はこちらから!

 

 

 

これまでのタイ旅行記はこちらから!

 

 

 

 

スポンサーリンク

旅行の計画を立てる

まずはタイ旅行の計画を立てていきます。旅行の日程は3泊4日です。友人はタイ初めてなので、いきなりパタヤ!というよりはバンコクを経由してからの方が二度美味しいだろうと考えました。

そのため、今回はバンコクパタヤそれぞれに泊まることにしました。ただ、タコヘーがパタヤに行きたくて仕方ないので、バンコクに1泊パタヤに2泊というスケジュールで友人に打診してみます。

 

 

完全にお任せするぜ!

 

 

ということで、このスケジュールでいくことに決定しました。

 

ホテルこれまで泊まったところにすることにしました。なぜなら、行ったことのないホテルに泊まって最悪だった場合、初めてタイに行く友人に申し訳ないからです。

 

バンコクでのホテルはタイ旅行記2で宿泊したGrand Swiss Sukhumvit 11(グランド スイス スクンビット 11)をチョイスです!ここはスクンビットソイ11にある好立地なホテルです。

パタヤのホテルはタイ旅行記3で宿泊したPattaya Discovery Beach Hotel(パタヤ ディスカバリー ビーチ ホテル)をチョイスです。

 

 

パタヤのこのホテルはマジでいいよ!期待してもらって大丈夫!

 

そりゃあ楽しみだ!

 

 

ディスカバリービーチホテルは初めて泊まった時にあまりの快適さで驚いたため、人を連れて行くなら絶対ここにしようと決めていました。今回は人と行く旅行なので、値段はあまり気にしません。

スポンサーリンク

同志集結

ある程度の計画が立った後、5月にたまたまその友人を交えて別の友人とも飲む機会があったのですが、

 

 

今度、タイのパタヤに一緒に行って来るんだよ。

 

そうなんだよなぁ。

 

マジで!?それ、めっちゃ興味あるわ!日程合わせられるし、俺も行きたい!

  

 

まるでドラクエのルイーダの酒場のごとく志を同じくする者達が集結して、気が付けば3人パーティが出来上がったのでした。その日の飲み会は終始タイのことで持ちきりでした。

 

それから、飛行機の便を決めました。エアアジアXホットシートを利用したフライトを予約します。合わせてバンコク・パタヤ・前泊分のホテル海外旅行保険全ての予約をその場で完了させました!

スポンサーリンク

旅行費

今回の旅行費の内訳ですが、

 

  • 航空券(エアアジアX)          40,000円
  • ホットシート往復分            14,000円
  • ホテル(バンコク・1部屋1泊)       3,250円
  • ホテル(パタヤ・3部屋2泊)        15,000円
  • ホテル(前泊分・1部屋1泊)        4,200円
  • 海外旅行保険               1,450円

 

合計77,900円でした。

 

 

おいおい、安すぎないか・・・。

 

恐ろしい安さだね。

 

これがタイのいいところだね!完全に遠足気分だぜ!

 

 

あとは旅行当日を迎えるのみです!

 

余談ですが、これまでタコヘーは毎回ポケットWi-Fiを契約して海外に行くのが当たり前でした。しかし、前回の香港旅行で知人からSIMフリースマホを持っていき、現地のSIMカードを利用したほうが便利だと教えてもらいました。

そのため今回は、旅行当日までに使っているスマホのSIMロック解除を済ませて持っていくことにしたのでした。

スポンサーリンク

旅行当日

前泊したホテルでは深夜までワイワイと酒盛り・・・とはならず、しっかり睡眠をとるために皆で早く寝ました。これからタイにいく男達とは思えないほど秩序だった夜でした。

 

 

本番は明日だもんな!

 

 

ホテルから出ている早朝バスに乗り込み、成田空港に向かいます!

旅行当日は素晴らしい晴天に恵まれました。今回のフライトはバスで飛行機の近くまで連れて行ってもらうパターンでした。

タラップを上って飛行機に乗り込んでいきます。何度かLCCを利用していますが、タラップを利用するケースはかなり少なく、珍しいと思います。

 

飛行機は定刻で離陸しました。機内ではホットシートに座って快適に過ごしました。

 

 

イミグレーションカードは機内にいるうちに完璧に書いておこう!あと、着陸前にトイレは済ませておいてね。

空港では入国審査がめっちゃ混んで待つことになるから、イミグレーションまで一直線で行くからね!

 

・・・・・。

 

 

ドヤ顔で講釈を垂れまくります。タイが余りに待ち遠しくて、かなり長く感じましたが爆睡して意識を失っていると、すんなりと到着しました。 

機内で説明していたとおり、一目散にイミグレーションを目指します。1時間はかかりませんでしたが、それなりに待ってやっとタイに入国することができました。

 

 

マジでものすごく混むんだな・・・。

 

 

空港でトラベラーズSIMを購入します。数分経ってスマホが返ってくると、現地の電波を使って普通にネットが使えることに感動しました。

 

 

ポケットWi-Fiと比べて安すぎる・・・。今までのは何だったんだ。

 

 

テザリングが可能なので、自分が近くにいる限りは全員が問題なくスマホを使うことが可能です。

スポンサーリンク

バンコクに到着

今回は3人で来ているので、ドンムアン空港から出ているタクシーを利用してバンコク市内まで移動することにしました。約30分でタクシーはホテルに到着しました。 

今回のホテル、グランドスイススクンビット11です。

場所はこちらです。

 

ホテルで少し休憩し、荷物を置いた後、さっそくバンコクの街へ繰り出すことにしました。時刻は16時です。

 

 

今からバンコクの中心といわれる、サイアムというところに行くよ!

 

 

BTSを駆使しサイアムにあるMBKに向かいます。サイアム地区を見てMBKに行けばバンコクの雰囲気やタイの怪しさを感じられると思ったからです。

 

 

バンコクってめっちゃ都会じゃん!しかも隣には東急がある!日本語で書かれた看板がそこら中にあるんだね!

 

 

タイに来ると、自分も含めて大体の人が同じ反応をするのですが、それを見て大満足です。

 

 

これ、全部パチモンかよ!しかもシュプリームありすぎだろ・・・。

 

あとでもっと怪しいところに行くから楽しみにしてて!

 

 

MBKでも100点満点の欲しい反応が返ってきたので、やはり大満足なのでした!

一通り周辺を見た後は、MBKの入口付近にあるフードコート屋台カオマンガイを食べて小腹を満たします。

スポンサーリンク

チャイナタウンへ

MRTを使ってフアランポーン駅までやってきました。ここからチャイナタウンへ歩いていきます。

 

駅からチャイナタウンまでは少し距離があるため、効率を求めるのであればタクシートゥクトゥクを使った方が良いのかもしれません。

しかし、個人的には寂れた街を抜けて急に現れるネオンが好きなので、何も知らせずに歩いていくことにしたのでした。

 

 

おお!!なんだこりゃあ!

 

これは海外を感じる景色だな!

 

・・・ドヤ!

 

 

その目論見は大当たりしたようです!

初めてタコヘーがチャイナタウンに来た時と同じような感動を味わってくれれば良いなと思っていましたが、上手くいったようで大満足でした。

周りを一通り見た後は、フアセンホンに入店します。ここでは好きな料理を頼んでもらい、シンハーチャンビールを片手に夕食を楽しみました。もちろん、いつも食べているフカヒレスープゴイシーミーも注文しました。

 

 

どの料理も普通に美味い!そして、フカヒレは味がしないんだな・・・。

 

 

タイ旅行記2の友人と同じような感想を聞くことになったのでした。これがフカヒレに対する万国共通のリアクションなのでしょうか。

スポンサーリンク

夜の街へ

夕食を食べ、ビールを飲んだ後はトゥクトゥクに乗ってパッポンナイトマーケットにやってきました。バンコクの夜風を切って走るトゥクトゥクは最高です!

ここでは屋台の雰囲気を味わって欲しいのと、日本にいる知人にお使いを頼まれたのでやってきたのでした。

 

 

またシュプリームが大量だ・・・。

 

ヴィトンシュプリームのコラボ品まであるぞ・・・。

俺、これ好きなんだよな。

 

 

友人はMBKに続いて、シュプリーム(の偽物)に興味津々な様子です。

 

タコヘーが頼まれたお使いはというと・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

カマグラゼリー(ED治療薬)値段を見て来い!といわれたのでした。

 

 

場所によって値段に大きく開きがありましたが、とりあえずミッション達成したので一件落着です。

 

 

何に使うのかは・・・特に聞かん・・・。

 

  

そして、時刻はいよいよ21時になりました。用事が済んだため、これから夜の街に繰り出して楽しむことにしたのでした!

スポンサーリンク

その2へ続く

今回はここまでです!

 

男3人タイ旅行がスタートしました!初日はバンコクです。街を歩き、食事を済ませてタイの雰囲気を満喫します。

しかし、これはあくまで序章に過ぎません。今回のメインはもちろん夜の街です。ここで、初めてタイに来た友人がタコヘーの予想を遥かに上回る行動に出たのでした。

男3人で繰り出していく夜の街、果たして何が待ち受けているのでしょうか・・・!?

 

翌日はバンコク市内を観光した後、いよいよパタヤに向かう予定です!

スポンサーリンク
旅行記
この記事をシェアする
そうだ、パタヤに帰ろう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました